« どちらに任すのか? | トップページ | 私のマニフェストその2 »

2008年10月30日 (木)

私のマニフェスト

忙しさにかまけて、少し書き込みをさぼってました。

「地域を愛し、地域に活力。」をメインテーマに、マニフェストを作成しようと思います。

何故、国政レベルの政治家のマニフェストなのに「地域」が、、、、?と思われるかもしれません。

今の日本は、世界一の長寿国であります。それでも全国平均は21,4%ぐらいだったと思います。(正確な数字は後日)

私の愛媛県3区エリア(西条市、新居浜市、四国中央市)の高齢化率は、すでに24%を超えています。

それでいて、四国随一の工業出荷額を誇る地域であり、エリア内には、限界集落と思われる地域もあります。

また、広大な農業平野も存在し、都市化したところもあります。

つまり、この第3区エリアは、日本の数年先のモデルとなりうるエリアと言ってもいいのではないでしょうか?!

このエリアが活気付けば、四国が活気付き、しいては日本の活力にもなるはずですし、

この地域での新たな取り組みは、そのまま数年後の日本のモデル的な取り組みとなりうるわけです。

朝令暮改のような、政策のブレは、国民に対して、消し去ることのできない将来への不安を意識の中に植えつけました。

しかも、政治に対する不信感も抱かせてしまったのではないでしょうか?

そのために、私は、地域の実践にもとずく、コミュニテイーと中小企業の関係、コミュニテイーと文化の関係、コミュニテイーと人の関係を紐解き、

地域力を増す施策を打ち出して行きたいと思っています。

そして、その施策の遂行には、地域が、もしくは四国全体が、どのように連携できるかが、鍵であって、

しいては、四国ステイトの形成に大きくインパクトを与えることとなるのではないでしょうか?

当然、水平展開して、全国の地域にも応用できる施策として成長させてゆかねばならないと考えます。

その施策を政府として支援する「しくみ」も創出されることと思います。

たとえば、地域のコミュニテイが中小企業に働く人々の支援を考え、地域コミュニテイーとして、託児所を運営し始めたとします。

これまでは、大企業なら会社内に託児所を設けたりできたかもしれません。中小企業はとてもじゃないけど、大企業のまねはできません。

そうかといって、中小企業へ、男女雇用均等の補助金を用意しても、やはり一社では無理です。

そこで、地域コミュニテイーが中小企業の就労支援に立ち上がり、コミュニテイービジネスとして、託児所を運営したとすると、

これに対して、中小企業支援として、地域コミュニテイーに対して支援メニューや制度を、国として作る!!ってなことは簡単に出来そうですよね!!

そこにコミュニテイーと企業との関係が生まれ、行政の役割としては、非常に効率のいい、施策の実施がなされるのではないかと思います。

しかも、この支援施策については、経済産業省からも、厚労省からも、総務省からも、それぞれ角度を変えてメニューを作らすことができます。

これは、一例ですが、地域の活動のなかに、全日本的な課題の「解」があると思うのです。

だから、「地域を愛し、地域に活力。」なのです。

|

« どちらに任すのか? | トップページ | 私のマニフェストその2 »

コメント

お疲れ様です
煮詰まった時にはギター片手に弾き語りでもして気分転換して下さい
県議としての活動では限界を感じてるような部分を国政でやれるように頑張って下さい

投稿: | 2008年10月31日 (金) 00時26分

なるほど・・・。生活者主権型社会システム観と理解してよろしいでしょうか?又よろしくご指導願います。

投稿: 熱血 | 2008年10月31日 (金) 01時13分

勝手にヤフーモバイルカテゴリーに携帯サイトを申請してたら
本日掲載されました
ヤフーモバイル(携帯版)で「白石とおる」を検索すると確認できますよ~
四国 議員 のカテゴリーみたいです

投稿: | 2008年10月31日 (金) 01時19分

ヤフーに登録されたからアクセス増えますよー、携帯で見て確認してください

ヤフーモバイル
http://portal.mobile.yahoo.co.jp/?ySiD=

四国 議員 カテゴリー
http://dir.mobile.yahoo.co.jp/563169417/

投稿: | 2008年10月31日 (金) 01時24分

◆◇◆ネット後援会モバイルサイト◆◇◆

新しい選挙活動の一環として、
【ネット後援会モバイルサイト】を設立しました。

ネット後援会員になると、

・メルマガ配信
・皆様のご意見をお聞きする為のアンケート配信
・後援会員同士の意見交流

など、様々な情報を得る事ができます。

ご賛同いただける方は、お持ちの携帯電話から、
以下のURLよりご登録宜しくお願いいたします。
http://www.mendori.in/toru/m/

※このブログタイトル部分(最上部右側)にも
URLとQRコードが掲載されております。

投稿: ネット後援会会長 K | 2008年10月31日 (金) 15時29分

頭が悪い僕にはステイトとかコミュニティーとかいわれても意味が分かりかねます。
もう少し解りやすい表現でお願いしたいです。
これまでの政治家のマニフェストもどうも解りにくい表現で煙に巻かれたような感じがしていまして、
僕のような小市民の心をとらえるような事はありませんでした。
いうなれば庶民目線ではないのです。
今の段階のマニフェストでは「今までの政治家レベル」どまりです。
頑張ってください。

投稿: | 2008年10月31日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/24879767

この記事へのトラックバック一覧です: 私のマニフェスト:

« どちらに任すのか? | トップページ | 私のマニフェストその2 »