« 一宮の杜のゆくえ | トップページ | 涙声の電話 »

2008年10月 6日 (月)

愛媛三区

あまりに急な、展開に、戸惑いながら今日まできたというのが実感です。

「何故この時期に??」と言う非難の声に対して、返答するすべもなく

「どうなるんじゃ??」とか「誰も出ずに、このままなのか?」とかいう人に、具体的な今後の方針を語ることもできないで

「とにかく不戦敗はあり得ませんから。」と答えるしかなかった毎日でした。

それと、私自身、どうするべきか結論がだせない、

迷いに迷った、数日間でした。

しかし、腹は決まりました。前進あるのみです。

|

« 一宮の杜のゆくえ | トップページ | 涙声の電話 »

コメント

これは出馬に向けて前進って意味ですか?
自民党逆風下、特に三区はケチがついていたから新人が出馬するのは勇気があると思います
野党批判するだけの人より、地元出身で地域の声を国政に伝えてくれる人なら良いな

ノンポリから見た自民のイメージ

世襲ばかりは勘弁
最近は野党に責任を転嫁してる
政権担当の面から言えば野党よりは安定感がある、実績がある
地方議員上がりの人は地域の人と幅広い付き合いがある
当選してしまったら偉くなって地元に貢献しない声を聞かない人もいる

投稿: 米 | 2008年10月 6日 (月) 11時07分

偉い人たちや知人のためだけじゃない、三区の困ってる人たちの声を国に上げてくれる政治を希望します。
もし決断されたら断固応援します!
精神的にも肉体的にもハードになるでしょうけど、私らみたいな面識のない有権者も微力ながら応援してることを胸に頑張ってください。

投稿: 一ファン | 2008年10月 6日 (月) 12時58分

このブログの内容ええよな
解散したら(更新はできんけど)初めて見る人も多いやろうけど
漢の決意にグッと感じるもんあると思うわ

投稿: | 2008年10月21日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/24294624

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛三区:

« 一宮の杜のゆくえ | トップページ | 涙声の電話 »