« 世界大恐慌 | トップページ | 愛媛三区 »

2008年10月 6日 (月)

一宮の杜のゆくえ

最後の詰めの段階の「一宮の杜ミュージアム」ですが、これまでの経緯をふまえて一度、総括をしておかなければならないと思います。

第一には、南側参道を利用するということについてですが、これは以前はそうであったと聞いてますし、あの南側参道のすばらしい楠木のなかを本殿に向かって進む太鼓台の姿はいいと思えます。ただ以前は早朝5時に、太鼓台が神輿を迎えに行くというストーリーがあったようで、上部の太鼓台が早朝神社に行くように、その昔何年も続いていたものを復活させるかどうかを含めて、神社とともに検討する必要がありそうです。

第二に、金、土、日開催ですが、今回は運営委員会で早急に決めてしまいましたが、この部分も神社と話合いをさらにしてゆかなければならないと思います。来年は16日17日18日が丁度金、土、日、開催となりますが、再来年のことも考えて、これから時間をかけて調整をしなければならないでしょう。つまり再来年にむけて、祭り全体を白紙に戻した状態で根本から考え直してみることが、必要ではないでしょうか?!

第三は、太鼓台の出場ルールです。今回、昨年けんかをした太鼓台が出場することになってましたが、ちゃんとしたルールにのっとった理由がほしかったですね。

以上、私の私見です。

わたしは、今回の一宮の南側参道に着眼したこのイベントは、だれも見向きもしなかった、あのすばらしい楠木をあらためて皆さんが、認識してもらえることと思っています。

また、祭り開催中に一宮神社のちかくにゴミステーションを設け、ボランテアでゴミ拾いをしたり、今までに無い取り組みもしています。

しかしながら、初めてのことですから何かと、不十分なところもあったと思います。

なんとか安全にこのイベントが開催されることを祈っております。

|

« 世界大恐慌 | トップページ | 愛媛三区 »

コメント

今年のイベントは、神社や市民と話をせずに進めたということをお認めになったのですね。
間違いを認められるのは素晴らしいこと。
だが、途中、反対意見もあったはず。なぜ今ごろ?もっと早く考え直してほしかった。まだ間に合うのでは。
鳥居も壊さないでいただきたい。罰当たりもほどがある。
また、楠木は誰も見向きもしていないことはない。地域の方が大事に慈しんでおられます。
皆、様々な思いを声にできないのです。

投稿: 反対市民 | 2008年10月 6日 (月) 01時28分

そうやなぁ
県内各地で秋祭りが始まるのぅ
安全運行第一やでぇ~

投稿: | 2008年10月 6日 (月) 05時04分

以前、このブログで反祭りの記事を書いたマスコミを批判してたのに。この手のひら返したブログはなんですか?  

まずは謝罪すべきでは

投稿: 新居浜人 | 2008年10月 6日 (月) 17時54分

一宮の杜ミュージアム
これテレビで宣伝してるやつ?
新居浜太鼓観にいきます

投稿: ぱい | 2008年10月 6日 (月) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/24294275

この記事へのトラックバック一覧です: 一宮の杜のゆくえ:

« 世界大恐慌 | トップページ | 愛媛三区 »