« 政治的判断 | トップページ | 自分ならどうする? »

2008年9月 4日 (木)

残念な言葉

今回、企画しょうとしている新居浜市長選挙における立候補予定者の公開討論会は、出来る限り公正に、公平に開催するべきと考え、

当然のことではありますが、政党や偏った支持者を支援する方には、実行委員会には入っていただかないようにしようと考えていました。

少なくとも、発起人に名を連ねた私は、実行委員会が構成されたと同時に関与しない立場になろうと考えていたのです。

つまり、政治家はこのような市民主導型の公開討論会の主催者側にいてはいけないと考えていたのです。それがたとえどちらの候補者をも支援していない中立的な人であっても。

しかし、このままでは、このような公開討論会を開こうという人が居ないのではという危惧もあり、県会議員全員に発起人になってもらい、みなさんに呼びかけをし、

集まっていただいた、いわゆる民間の人たちから、実行委員会を組織するつもりでした。

昨日、ある候補者に「公開討論会は出席していただけるのでしょうか?」と尋ねますと、

「あんなもん、出れるかや!!」と頭ごなしに言われました。

私は、出席うんぬんよりも、公開討論会のことを「あんなもん」と、さげすんで言われた事が、残念でなりません。

公の場で、新居浜のまちづくりについて話そうとしない人に、私たちの将来をゆだねていいのかどうかという疑問さえ頭によぎりました。

そんな残念な気持ちで、じっくり考えてみました。

政治家である私が彼に尋ねたから、そんな答えになったのかなあ!?とか、

私はすでに敵対的に見られているのかなあ?とか、

とにかく、現在のところは、不用意に私が尋ねたから、そのような返答になったのだということにしておくことで自分を納得させておきました。

その人が、進んで公開討論会に出席するようになることを期待しておきたいと思います。

一人を選ぶ選挙は、とかく感情的になりやすいものですが、

今からこんなことでは、先が思いやられますね。

|

« 政治的判断 | トップページ | 自分ならどうする? »

コメント

お世話になります。公開討論会は是非開催して欲しい。候補者の政策ビラを見せて頂いたが、抽象的で判りにくい部分もたくさんあります。是非公開討論会を開催して、「私は新居浜をこうします」を聞かせて欲しい。宜しくお願いします。

投稿: 篠原 茂 | 2008年9月 4日 (木) 11時44分

篠原さんのご意見に同感です。現在、TVをつけるとどのチャンネルのニュースやワイドショーでも自民党の総裁選挙が取りざたされていますが、自民党の閣僚経験者でもニュースキャスターと呼ばれる人も<選挙の看板>に良い顔、悪い顔ではなく。どんな政策でどんな考え方をする人がふさわしいかどうかで選ぶべきと語っています。
市長選挙の主役は候補者ではなく、投票をする市民一人ひとりが主役です。市民が正確な判断をするための場・生の情報を提供する場があってしかるべきです。公開討論会はそのために、新居浜市民のために開かれるべきです。

投稿: 大條 雅久 | 2008年9月 4日 (木) 21時51分

いつも、新居浜市を守って下さり、有難うございます。
市長とは、我が市をより素晴らしい、清らかなで美しい市に導いて行ける方になっていただきたいものです。 
ぜひ、公開討論会を開いて頂き、候補者からハッキリしたお気持ちを聞かせて頂きたいです。
それを言えないようなモヤモヤな気持ちで、私達が安心して暮らせるのでしょうか?

投稿: 島のおばあちゃん | 2008年9月 5日 (金) 13時12分

市長選の記事拝読しました。自民党員である貴殿が自民党推薦の候補側に立ち、自分自身の立場を明確にするのが常道ではないでしょうか。
にもかかわらず、あの様な行動に対していかがなものか。
確かに、討論会はいいことだと思いますが貴殿の立場を考えると、いささか筋違いなのではないのでしょうか。
それで、あのような返答が返って来たのではないでしょうか。

投稿: 青木進 | 2008年9月13日 (土) 06時06分

青木さん投稿ありがとうございます。私は自民党新居浜支部が推薦するということには同意しております。しかし、それ以前から政策論争を十分おこなってもらいたいと明言してきました。支部から依頼があったことに対しては(たとえば知事への挨拶の段取りとか、、、。)対応をしますが、討論会が終わるまでは、中立の立場でおるつもりです。是非とも本人の意思で討論会にのぞんでいただきたいものです。

投稿: とおる | 2008年9月14日 (日) 01時00分

私は現在愛媛県外におりますが、今回の市長選挙の事を知人づてに聞き知ってネットで検索するうちにこちらのブログに辿り着き記事を拝読いたしました。
公開討論会の実施については私もとても共感いたしますが、私はこの記事の内容がとても残念でなりません。
あくまでニュートラルな立場で、とおっしゃっている白石さんが、私のように誰でもが目にすることのできるこのような場で、明らかに一方の候補者の方を批判されるような書き込みをされることはどうなのでしょうか?私の考えすぎでしょうか?
ブログというのは私的な場であると同時に、やはり公の場です。白石さんのような方はやはり発言に影響力がおありでしょうし、またブログは「文字だけ」ですから色々な取り方をする人もいらっしゃると思うのですが・・・。

投稿: 元・新居浜市民 | 2008年9月16日 (火) 12時18分

元新居浜市民さん、投稿ありがとうございます。おしゃるとおりだと思いますが、特定の一人を批判しているように、とられないように、できるだけ実名とか、二人いる、どちらかが判断できるような書き方はしていないつもりでしたが、、。まだ配慮が足らなかったのかもしれません。

投稿: とおる | 2008年9月19日 (金) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/23475395

この記事へのトラックバック一覧です: 残念な言葉:

« 政治的判断 | トップページ | 自分ならどうする? »