« 記事の真実性 | トップページ | 絶唱in敬老会 »

2008年9月14日 (日)

アイリバー活動

今日は、会社でアイリバーの活動をやってきました。

8:00集合、ラジオ体操をやってから、いざ出発。

アイリバーの活動とは、ある川の一定区間を担当して、雑草の除去やゴミ拾いを行うのです。計画では年に5回、今日がそのスタートの日でした。

30人ぐらいで、川に乗り込み、チエーンソウ部隊が先行して、その後を、ゴミ拾いと草を除去する部隊が進行します。

とにかく、ヤブ蚊にかまれ放題。いやあ~~~~~参りました。

私はゴミ拾いをしながら、ある心地よい昔のことを思い出していました。もう16~7年になりますかねえ

私は行政の協力も得て「川はともだち会」という会を運営していました。120人ぐらいメンバーは居たと思います。

尻無し川で「水辺教室」を開催したり、川の源流を探索してみたり、川の流域マップ(川の流域の歴史的史跡などを書き込んだ)を作ったり、川の清掃活動も行いました。

今日行ったみたいな、その清掃活動の時には、みんながスーパーマンと呼んでいた二人の初老の方がいました、「桑原さん」と「渡辺さん」

もう作業もそこそこに終了しようかと言う時になっても、なかなか作業の手を止めてくれません。

「どうか、もう、休みましょうよ?!」とお願いしなければ、休憩さえもしてくれないのです。

そこで、そのお二人を「スーパーマン」とみんなで呼んでいました。

今日、その会で同じように河川の清掃をしてた時のことを思い出していました。自分にとって非常に心地よい思い出です。

その後、その会で、寺島尚彦さんにお願いして「川はともだち」という曲を作っていただき、市内の少年合唱コンクールのテーマソングにもしていただいたこともあります。

その「川はともだち」をマイクでながしながら、ゴミ拾いをしてたら、近隣の住民から、こっぴどく怒られたこともありました。

すべて、いい思い出です。

あの頃のみなさんはお元気でいらっしゃるでしょうか??また、いっしょにやりたいですねーーーーー!!

そんな、ことを思い出させてくれた、河川清掃に感謝。

ただ、ほっぺを刺した、蚊だけは許せませんね!

|

« 記事の真実性 | トップページ | 絶唱in敬老会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/23724925

この記事へのトラックバック一覧です: アイリバー活動:

« 記事の真実性 | トップページ | 絶唱in敬老会 »