« 土か?風か? | トップページ | ブログを拝見 »

2008年9月29日 (月)

フォーラム21

今日は、塩崎恭久先生主宰の「フォーラム21」に参加しました。久しぶりの参加なのですが、

このきわどい時期に、「障害者自立支援法を見直し、暮らしの声を政策に、、。」をテーマにデスカッションです。ずいぶん勇気あるものだと思いました。

そして内容も充実しており、出席させていただいてよかったと思えました。

「何人かの方に、忙しいのに、ここへ来てていいの?」などと言われながらも、私なりには収穫があったと思います。

厚労省の蒲原課長の話もさることながら、

愛大の櫃本先生の話はすごく説得力もあり、また、共感できる話でした。

医療改革にしても、この障害者自立支援法にしても、財源不足のために、改革をしてるようになってないか?

その結果として、公助のひずみが弱者にきてないか?!

障害者自立支援法だから、障害者が自立すればそれでいいのか?

地域の共助を引き出さなければならない!!そのうえで障害者が自立してゆくような、、、。

障害の有無に関係なく全ての人が楽しく過ごせる「まち」が、この支援法でできなければならない、

障害者支援は「まちづくり」なのだというベースがあって、はじめて改革はいい方向に向かってゆくのではなでしょうか?

ブログで今まで何度も書きましたが、弱者と強者がいて、

強者が弱者に、ものを施すような感覚のまま、両者の関係が成熟したとしても、

わたしは、まちづくりにはならないと思います。

「弱さの強さ」を感じあえることのできるような、そんな「まちづくり」を推進してゆきたと思います。

いいフォーラムに参加させていただきました。

感謝

|

« 土か?風か? | トップページ | ブログを拝見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/24106028

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム21:

« 土か?風か? | トップページ | ブログを拝見 »