« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

小さな打ち上げ花火

駅前の芸術文化施設の発表がありました。新聞の記者には、ホテル併設の施設というふれこみが最も話題性をかもしだすと思えたのか、

見出しはそうなっていました。またPFIについてもコメントを取っていましたが、記者のするどい突っ込みのようなものは感じませんでした。

この施設の是々非々は今後の議論のなかで十分してゆかなければならないでしょう!

わたしは、この発表を「ようやく、発表してくれた!よかった!」と思う気持ちと、

「まだまだ、やなあ」という気持ちが相互に、

これはこれで、いいのだけれど、市全体のビジョンはどう描かれていて、どのようなスケジュールで進んでいるのか?がまだよくつかめないのです。

今描かれている新居浜市のビジョンのなかで、今回の施設はどのような役割を果たし、そのために、どのような機能を有するのか?

結局、議論する時に、この施設はこうじゃなくて、こうだ!とか、これも入れて、あれも入れて、などというコンセンサスの取り方になってしまっては大変です。

力のある者、声の大きい者、が決定権を握ったり、

取り入れた意見があまりにも多様すぎて、収集がつかなくなって、結局は遅々としてなにも進まない状態にもなりかねません。

全体のビジョンがあってこそ、意見の集約がはかられ、市民のコンセンサスも得られるのではないでしょうか!?

ですから、一施設の記者発表しても、小さい打ち上げ花火にしか感じられないわけです。

できるだけ、近い将来、

わが町のビジョンを市民が議論するような、

そんな、まちであってほしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

まつり株式会社

この、何年か試行錯誤してきた「まつり」のブランド化を具体化する活動が、ある程度実体として表現できそうになってきました。

一昨年は、リーガホテルの前の広場(今はありませんが、)を利用して、500席の桟敷席をつくり、その前で、太鼓台のかき比べをしてもらい、

その桟敷席を旅行会社がパックで販売できるかをどうかを、全国旅行業組合のみなさんに検討していただきました。

昨年は、県、市のおかげで、市政70周年事業として、河川敷に2000席設置し、イベントを成功させました。

県として「まつり」イベントに予算を支出したことは、大きな実績となったと思いますし、太鼓まつりをイベント化する足がかりとしては、大きな一歩を歩めたと思います。

今年は、LLP、いわゆる有限責任事業協同組合、「まちづくりイベント化推進組合」を設立して、

具体的に、その事業協同組合で桟敷席2600席を保有し、

他のイベントでもそうですが、地域の固有の文化、祭り文化など、地域資源を活用した、まちづくりブランド化事業を、フォローする母体を設立しようと思っています。

当然、将来的には県内のどこのイベントでも支援できる体制を構築しておきたいと思っています。

さてさて、どのような滑り出しをきれるか、楽しみなのと、

若干の不安とが、交差しています。

とにかく、新居浜の太鼓祭りを日本一にしたい!!のです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

四天王寺

今回は、大阪に所用があって、ついでに、前々から行ってみたいと思ってた四天王寺を訪問しました。

なにせ、時間が無くて、四天王寺に到着した時には、もうすでに本堂のほうは閉まっていて、残念でした。

それでも、せっかく来たのだから、と、境内を歩いてみると

六事堂など、けっこう見れました。

宝物展とかも、やってるそうで、また来よう!!などと思いつつ、

少し物足りなさを感じながら、帰っている時、、、、、。ちょうど西門のすぐ近くに、

見つけたんです!!

それは、西門のすぐのところ、

聖徳太子ゆかりの石があって、その石のことを説明していた時、、、。

その脇の、小さな掲示板のようなところに書かれていました。

「、、、、、(白石玉出の水)、、、、、、。」

聖徳太子にゆかりのある、この寺ですから、

その文字を見つけたときは、感激でした。

霊水、白石玉出の水、とかかれてました。

なんとなく、嬉しい!!納得できた一日です。

Photo_2

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

すこし駆け足で

最近、少し忙しすぎて、何かがとどこうっているような気がしてなりませんでした。

この10年を20年分頑張るなどと言ってしまいましたが、

駆け足で走っても、早く着くところと、時間をかけないと到達しないところがあるんですね。

時間をかけないと到達できないところに、いくら駆け足で急いでみても、結局のところは、

急いだために、見えないままになっているところがあって、

そのために、あるところへ到着したとしても、満足のいける結果を得られないことがあるのではないでしょうか?!

三分の二の議席をもった自民党のおごりが、政策に強引さをかもしだし、結局は参議院選挙で敗北しました。

国民の生活者の視点を重視することを標榜して参議院選挙に勝利した民主党は、今なら解散総選挙で勝てると、選挙に勝つことを急ぐあまりに、

生活者視点を見失ってしまっているような気がします。

選挙に勝つための国民に対するアピールと、国民の生活を原点にとらまえるのとでは、本来はイコールでなければなりませんが、

今の民主党の動きにはアンバランス感がしてなりません。

強い状態だからこそ見つめなければならないことと、急ぎたいからこそ、しっかり見つめなければならないところ、、、、。

私は、駆け足で走り去ろうとしていました。

いくらテーマが大きくても、視点がぶれない!

いくら急いでいても、大地にしっかりと足を踏ん張って、一歩一歩確実に歩む!

多くの人々の、声を、しっかりと受け止めて、

弱さの中の真の強さを、見出すことのできる男でありたい!

と、最近の自分を反省した一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

同期会

1991年、青年会議所の同期の理事長が集まりました。当然、久しぶりの再会です。

5年ほど前に集まって以来だと思います。11人いた当時の理事長も、すでに亡くなってるメンバーもいますし、会社の調子が良くない人も居ます。

1991年なので、この同期会を「91会」としたこの会も、もう17年もたったことになります。

会話も弾みますが、内容は、「何年前に、心臓で倒れてなあ、、、。」とか、

「もう、酒を止めて、何年になるんよ、、、、。」など、自分の身体のことや、健康のことが、多いし、

昔の自分たちがJCやってた頃の話で花が咲きます。あげくのはてには、「最近のJCは元気が無いぞ!!」とか言って、自分たちの頃は良かったと言わんばかり、、、。

いまだに、JCの現役で通用しそうな、勢いでした。

西条の山奥の旅館に、にぎやかな会話が続きました。

やっぱ、たまには、みなで集まらにゃいかんなあ!!

ということで、次回の開催を早速決めて、お開きとなりました。

Photo_2

91_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

チャンピオン

チャンピオンと会いました。

今年の3月にキックボクシングのチャンピオンになったところ、まだ初々しい~~~!って感じのチャンピオン。

愛媛の今治出身だそうで、

派手さの無い、地道そうな感じの選手でした。

ただ、内に秘めた闘志というものは、すっごく感じました。同じ県人なので応援しなくちゃね!!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

守ってゆくもの

去年の、第一回政枝春祭りも前の日まで天候が気になりながらも、当日は素晴らしい晴れ間で、少し風は強かったですが、いい天気でした。

今年は、前日は完全に絶望的な雨だったにもかかわらず、当日は晴れました。ずいぶん寒い朝となりましたが、外でイベントができることが嘘のような感じでありました。

最近、あまり驚いたことがなかったのですが、オープニングでの加藤会長の挨拶で、

「今年の抽選会は、一等に、ハワイ旅行を、、、、。」

え~~~~!イベントの途中、早く帰るので抽選会のチケットは辞退してしまったのにい!!

この抽選会でハワイ旅行??!!っという驚きと、しまったもらっとくんだった!!という思いが錯綜して、、、、。

以下挨拶の続き「用意しようと思った、、、、。」

「のですが、出来ませんでした、、、、、。」(会場おお笑い)

なあんだ!と、ホットした!!がいっぺんにやって来ました。浅ましい私だこと。

そんなことは、おいといて、

一番目の出し物は、「とんかかさん踊り」

保存会のみなさんの、すばらしい踊りでありました。

踊りをバックに、保存会を作った初代会長と今年からそれを引き継ぎ会長をされる、お二人のツーショット!!

このお二人がいらっしゃるからこそ、守るべきものが、守られてゆくのでしょう。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか、泣かない!!

先日、友人の愛娘の結婚式がありました。非情に親しい友人ですし、私もずいぶんお世話にもなっています。

彼の長男の結婚式には仲人をさせていただきました。今回の娘さんの披露宴では、来賓の挨拶です。

彼は、非情に人情味のある人物で、男気が強く、けっこう口うるさく厳しいところもありますし、それでいて涙もろい人です。

私もそうなのですが、ドラマを見ていて、家族は誰も泣いてなかっても、一人で、ど~~っと泣いていることがよくあるのです。

私が仲人をさせてもらった長男の披露宴の時などは、新婦側の父親が泣いているのならまだわかりますが、新郎側なのに、披露宴の会場の入り口で立礼して、皆さんを迎えるところから、感極まって泣いていました。

当然、両家代表の挨拶のときには、涙、涙の挨拶でした。

それほど、感動家!!の彼ですから、今回の愛娘の披露宴など、号泣ではなかろうかと、ひそかに出席の友人と「泣くか、泣かないかの賭けをするか?」などと冗談を言ってましたが、、、。

全員一致で「泣く!!」ということで、賭けは不成立。

その上、彼のお嬢さんが、これまた可愛いうえに、気立てもいいのですから、

絶対、家を出る時から彼は泣いてると確信をしておりました。

ところが、

披露宴が始まっても一向に泣いているそぶりが見えない!!しかも、ちょくちょく私たちのテーブルにやってきて「まだ、泣いてないやろ!!」と言っては、自分のところへ帰ってゆくのです。

最後の、キャンドルサービスの前にもやってきて「もうあかん!キャンドルサービスでは泣くは!!」

キャンドルサービスの後、お嬢さんから両親への手紙の朗読。

私は、思わず泣いてしまいました。いい娘やなあ~~~!と思いながら、、、。

ふと、父親である彼のほうを見ると、まだ泣かないで頑張ってました。でも目にはいっぱいの涙が溢れていたにちがいありません。

今、思えば、披露宴の前から「泣くぞ~~、泣くぞ~~~!!」と彼に言い過ぎたことを反省しております。

逆に、出席してた友人はみんな、お嬢さんのもらい泣きをしておりました。

いい披露宴でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

本物はいいね

東京に居る息子が、連休も仕事をしてると言うので、ゴールデンウィークを東京で過ごすことにしました。

4日と5日の二日間しか、私も予定が空いてなかったので、目標を決めて足早に観光と思いきや、、、。

けっこう、どこも混んでました。

先ずは、見たかった「赤坂SAKASU」、TBSにちょっとよっただけで、あまりの人の多さに、ネクストへ

次は「六本木ヒルズ」、ここも混んでて、ラーメンを食べて、即退散、

次がメインの「新国立美術館」

なかなかの建物、展示もちょうど「モデイリアーニ」(私は良く知らないのですが、息子が好きだそうで)でよかったし、国展もやってたので、けっこう時間をかけて見ました。

やっぱり、本物はいいですねえ!!

その後、「六本木ミッドタウン」

いなかものの私にはちょっときつい、人ごみの中のウオーキングでした。

翌日、息子たちとショッピングでワンショット。

そして最終便で一路愛媛へ!あわただしい二日間でしたが、けっこう楽しめた連休でした。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

公園に住む感じ

近くには、J1リーグのホームである、ビッグアイがあり、当然公園もありますし、

イオンの巨大な商業施設もあります。平日の昼なのに、なかなか車をとめることさえできないくらい混んでました。

その商業施設も、人工池を中心に両サイドに専門店が並ぶモールがあったり、

中心部が吹き抜けで、その周りを店舗が囲むように3層で立地し、中心部は、子供たちの遊び場であり、遊具もあるし、適当に緑も添えられていました。

屋内の通路を挟む専門店街とは対照的に空を眺めることのできるモール部分は開放感があっていい感じでした。

とにかく、いろんな工夫がなされているショッピングモールでした。

その大型ショッピング施設と道を挟んで、その住宅地は、ありました。

まさしく、公園の中に住んでる感じを持たせてくれる家並み、

塀は全て、木々による仕切りでした。住む人の心を豊かにしてもらえるような、、、。

大型ショッピング施設に隣接しているにもかかわらず、先ほどの賑わいとは別世界のような、空気がそこには流れていました。

一切、直線の部分が見うけられない、団地内の道路、

メインロードからは電線も見えません。

1000数百区画を開発してきた、この団地には、もう少ししか区画が残っていませんでした。これほどの区画数を何年ぐらいで売り切ってしまうのでしょうか?

すごい!!の一言であります。

こんな、ゆとりのある、そして、心を和ます、住宅開発を自分の手で手がけたいという、気持ちがさらに強く、

自分の胸にズシッ!!ときました。

私の特有の住宅団地を実現させたいと思っています。

Photo_2 Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

久しぶりに集まって

連休に帰省してきた同級生から急遽、連絡があり何人かで久しぶりに集まることになりました。

高校の同級生というのは、やっぱりいいですよね!!

まあ!「あの時は、、、。」とか言う具合に、高校の時の話題ばかりで、、、、。

だいたい、あの先生に怒られた時は、誰が悪かった(原因だったか)のかとか、

とどのつまり、その当時の事実検証のような感じでして、、、、。

結局、そこに居ない人に悪かったことを擦り付けて、みんなで納得してました。

下の写真は、高校1年の時のクラスの出席順で、たまたま、そこに出席してたメンバーで4人並んでいたのでワンショット(粂野ーさなぎー白石ー神野の順)でした。

あっという間の、数時間でした。

今年は高校の同窓会の年(4年に一回、オリンピックの年に開催してるのです)、8月16日に向けて、できるだけ多くの同級生に声をかける事を約束して別れた、楽しいひと時でした。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

友人のライブ

ちょっと、前になるのですが、東京で友人のライブがありました。アサヒビールのホール、屋上に雲がのっかてる建物です。

なんとかぎりぎり、間に合ってホールに飛び込むと、丁度、演奏が始まったところで、

ロックあり、ジャズあり、

メンバーも12名と、大所帯ですが、それぞれのパートはすごくしっかりしていて、

けっこうイケテルバンドでした。その中で友人はバンマスのようにしきっていて、

いい感じでした。

私もそろそろがんばっちゃおっと!!刺激を受けて、バンド活動再開!!

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

逆さ藤

宝寿園には、非情にめずらしい「逆さ藤」(写真下)があります。

毎年、この頃に「宝寿園祭」があり、逆さ藤がきれいな花を咲かせます。

毎年、おじゃましているのですが、年々この催しに参加する人が多くなっています。

園の入居者はもとより、地元のみなさん、ボランテアのみなさん、、、、、。

今年はすごい晴天で、

藤も例年よりすばらしく花を咲かせていました。

前が暗く感じたわけではないのですが、

年々、お年寄りのみなさんの、お顔も明るくなってきているように感じます。

人が多く訪れるようになったからでしょうか??

いや~~~~!!

そうではなくて、

お手伝いをしている人たちが、いろんな心配りを、年を重ねるごとに多く、多く、されているからではないかと思うのです。

スタッフのみなさんの、お手伝いの姿は、真剣そのものです。

おおくの方の心配りが、お年寄りのみなさんをいい気持ちに居させるからなのではないかと思います。

みなさんの、「楽しく過ごしてもらいたい」という心組み、

心と心を組み上げる

心を一つにした重なりが、かもしだす効果はすばらしいですね!!

Photo_2

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »