« 何故?もう少し!! | トップページ | ボランテア »

2008年2月19日 (火)

組織づくり

私の大学の卒業論文のテーマは「組織風土とモチベーションの研究」でした。(工業経営学科の時)

組織の風土が個人のモチベーションにどのような影響を及ぼすかという研究ですが、二つの対極的な組織風土のサンプルとして

当時(昭和52年ごろ)の市役所と当時のS建設工業を選び、アンケート調査によって出た結果を因子分析することによって、

組織風土のなかで、モチベーションに影響を及ぼしていると断定される因子を、その組織の因子軸として抽出してゆきました。

当然、市役所=ヒエラルキーな組織、S建設=目的を明確にした組織、

という前提で、論文を展開しているために、すこしかたよった結論にしてしまっている感は否定できませんが、

その当時よりも、私が卒業して数年してから、その論文がけっこうもてはやされていることを知り、嬉しく思ったものです。

しかし、現在において、同種の研究をしようとしたときには、少しちがった価値観でつながった組織も考えなければいけなくなっています。

いわゆる、使命共同体としての組織、もしくはネットワーク組織などは、その当時(30年前)には、一般的な概念にはなかったと言ってもよいのではないでしょうか?!

しかも、その組織が単一的に、

たとえば、ヒエラルキーな組織のままでいるとはかぎりませんし、

常に、目的を共有できている組織でいられるとも限りません。

フレキシブルに変化をしながら、時代に対応できるような組織を常にイメージしておかなければ、経営者としての組織づくりに失敗をするのではないかと思います。

しかも、その組織の中に、多様な「しくみ」を組み込んでゆかなければならない、私たち経営者にとって、これからの数年が勝負ですね!!

|

« 何故?もう少し!! | トップページ | ボランテア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/10606737

この記事へのトラックバック一覧です: 組織づくり:

« 何故?もう少し!! | トップページ | ボランテア »