« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

韓国大統領就任式を終えて

今回の大統領就任式への出席が、かなったのも、韓国の友人のおかげであり、また、日本の友人のおかげでもあります。

多くのチングー(親友)のアドバイスや助けで、日韓の少年サッカーの交流もできました、また、愛媛でのIT企業のビジネスフェアーへの出展もしてくれました、当然、その前に韓国のIT企業を訪問もしました。アイテム愛媛での朴さんの講演も企画しましたし、実現もできたし、テレビ会社のMBAに協力してゴルフ番組を6週間分、愛媛県の紹介をかねて作りました。

その他にもいろいろありますが、

なによりも、日韓の共催のワールドカップの前夜祭に、新居浜の太鼓台を参加させれたことは、私にとっても多くの日韓交流の中でもひときわ心に残ったイベントでした。

今思えば、イベントごとに文化のちがいなどによる、さまざまな障害も多くありました。

しかしながら、韓国の友人と友情は常に変わらず持ち続ける事ができたことが、これまでの足跡となったと思います。

これまで、10年近く付き合ってくれた友人に感謝をこめて、結びたいと思います。

「ありがとう御座いました。」

PS、最後の夕食は、仲のいい友人だけで、グレースパクのお父さんの焼肉屋さんへ。食事のあとのワンショットでした。

翌日、イーチョン空港へ、

朴さんは空港まで追いかけてきてくれて、「大統領就任式典」のビデオをわざわざダビングして持ってきてくれました。

「いやあ~~~、なんとか間に合ったあーー!!」と額をハンカチで拭きながら駆けてきた朴さん。(彼は早稲田大学へ留学の経験もあり、日本語はペラペラなんです。)

愛すべき韓国のチングー(親友)であります。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

李明博大統領とツーショット

大統領の挨拶は、結局、画面に映る英語の字幕と、周りの人の拍手や反応でいい話をされてるんだろうなあ、と感じる程度でした。(同時通訳は器具を用意してもらっていたらしいのですが、なにせ席までゆけなかったので)

今、韓国の方で日本語に訳してもらっていますので、できあがったらゆくりかみ締めながら読みたいと思います。

式典が終了して、一度ロッテホテルに帰りましたが、しばらくして、再度、国会議事堂のレセプション会場へ

今度は、ぐっと人数も減りましたが、それでも、500~600人ぐらいは参加していました。

しかも、けっこう韓国の来賓が多くて、

その中で、ひときわ目立って見えた人と、何故か目がよく合いまして、

どっかで会ったような、向こうもこっちを意識してるように感じました。カメラを持って前方へ移動するとき、軽く会釈しましたら、なんと!!「久しぶり」と声を掛けられました。

名刺交換をしてみますと、なあんと!!あのチョンモンジュさんではありませんか、

5年前の韓国と日本の共催のワールドカップのときにお会いして以来でありました。たしかFIFAの副会長もしておられたと思うのですが、現代グループの総帥でもあったと思います。

「是非、愛媛に来てください」と言って置きました。

そして、その後、じゃじゃじゃ~~~~ん。

李大統領とツーショットで写真を撮ってもらう機会を得ました。(写真)

警護の人も多かったし、カメラを持って写真撮ってる人はほとんどいなくて、

それでも勇気をだしてお願いしました!!やったね!!!!

ロッテホテルまで再び帰ってくると、麻生先生に偶然会いまして、私の友人の朴さんと金さんと先生でワンショット、

喫茶に入ると、前国土交通大臣の北側先生に遭遇、

平成16年の災害の時に、踏み切りの拡幅でお世話になったことを話、あらためてお礼を言いました。

なんか、今日は日ごろ決して会えないような人に会える日だったのでしょうか?!

しかし、いい一日でした。(寒かったことを除けば)

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国大統領就任式その3

いよいよ今日(25日)、就任式が挙行されました。

朝、ロッテホテルのインフォメーションに行って、(セキュリテイーバッチ)を受け取り準備OK

出発の9:30までずいぶん時間があるので喫茶でお茶をしてますと、ちょうど森元総理、麻生元幹事長、中川元幹事長が前を歩いてこられたので、思わず出て行って、先日の講演のお礼を森元総理に、、、、。

麻生先生とも一言二言話をさせていただき、

今日は幸先がいいなあ!!などと思いながら会場へ、、、。

ここで、大失敗をしてしまうのです。

トイレに寄った、その間に、案内人の人とはぐれてしまい、遅れながら会場に入ってゆくと、もうすでに立ち往生の状態、

舞台ではすでに演奏も始まっており、その場(椅子もないので、つまり地べた)に座るように指示されました。

ええ~~~!!と思いながらも、そばにあった芝の上に家内と二人でしゃがみこみました。

そのエリアはまだ韓国の地元の参加者の席、

まあえ~~か~~!!と思いつつも、さすがに寒いのなんのと、、、、。(後で聞きましたが、私たちと同じように途中で入るのを諦めた人などもいて、一番前の席には空席が15,6席あったそうです。)

家内はなんと芝生の上で、入り口でもらったマフラーを敷いて正座をしておりました。しばらくして気の毒に思ったのか、回りにいた韓国の人が空席を勧めてくれて、家内はなんとか座れたというようなありさま。

いやあ~~寒かった!!

Imgp6126_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

韓国大統領就任式出席その2

今日は空き日、夜の会食までは自由ですが、就任式の受付を済ませておかなければなりません。

さっそく、ロッテホテルのインフォメーションデスクへ、

ところが、名簿に私の名前がなかなか見つかりません。なあ~~んと、私の名前がハングル文字で記入されていたので、「toruーshiraishi」を探してくださいと言っても、なかなかなくて、「シライシ トオル」ですというと、すぐありまして、、、、。

私を韓国政府に推薦してくれた、こっち(韓国)の、チングー(友人)の関係でかなあ?とか思いながら、一応、手続きを済ませて、「いざ、サムゲタン(参鶏湯)!!」昼食です。

参鶏湯専門店の「土俗村(トソクチョン)」へゆきました。

これが、絶品!!食べて外へ出ると、長だの列ができてました。

その後、南山タワーを上って、ソウル中を眺め、

その公園で見つけた不思議な人体の型の宙に浮く網(写真)、

なんか変なの、

そこでは、似顔絵も描いてもらって、

いい観光をさせてもらいました。

夜の会食は韓国ナンバー2の製紙会社の社長と、、、、。楽しい食事会でした。

今日もご一緒していただいた、民団の会長に感謝!!ありがとう御座いました。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

韓国大統領就任式出席その1

東京での友人の娘の結婚式を途中で失礼して、羽田へ急ぎました。中野出た時2時間半はあったので、気持ち的には余裕をもって向かえました。

それでも、タクシーの中で運転手さんに断りをして、着替えたり、、、。

羽田に着いて、チケット購入、その後20000円だけウオンに換金して、いざ出国。

飛行機に乗り込んでから、なかなか滑走路にでるまで、ごっつー待たされて、

脳裏には、あの悲惨だった香港旅行(出発を待たされたあげく、香港空港に降りずに台湾の台北空港に着陸、、、、。とにかく大変な旅行でした。)がよぎります。

なんとか、離陸したものの、激しい揺れに、心臓ドキドキ。

上空ではなんとか落ち着いて、2時間ほどののち金浦空港につきました。

家内や加藤氏が待っているので、急いででなくちゃ!!っと思いながらゲートに向かって歩いてゆくと、

な、なあんと!!「県会議員toru shiraishi様」と書いたプラカードを持った女性が立っているではありませんか、

それ以外にも男性の外交官の人ともう一人案内担当の人がいて、計、3人で、「どうぞこちらへ」と荷物は持ってもくれるは、入国審査、関税などもフリーパス、

内心「しもた!!こんなことなら、もうちょっと免税のウイスキー買おとくんやった!!」などと不謹慎な考えをしながら出口へ

すっごく気分のいい出迎えを受けました。

そこからホテルヘ直行、

パクさんたちが待ってくれていて、久しぶりに韓国の友人たちと夕食、

いつもは韓国料理ばかりなのに今日は、とってもすてきなフランス料理でした。その時に聞いたのですが、

外交官が対応するビップは200人ほどだそうです。いやあ~~、こちらの友人のおかげでありがたいですなあ。

明日は、就任式の受付を済ませてから、すこし市内観光です。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2008年2月21日 (木)

IT機器と焼き芋

21日は、1日開催ですが、ビジネスマッチングフェアーが愛媛FAZで開催されます。

愛媛での(株)ネイルコムとしての実質的活動としては初めて!

営業活動の拠点を東京に移しているだけに、なんか久しぶりの里帰りのような感じです。

しかも、主催者の銀行から「白いも」の焼き芋もやってくださいよ!っと頼まれて、ついついOKしたばっかりに、先端技術と焼き芋のマッチングになってしまいました。

まあ、私が、「白いもはうまいですよ~~~!」と、PRしすぎた感もありますが、

PLCモデムと焼き芋では、すこし、、、、、、。

何故、その二つが同居しているのかが、来てくれた人には疑問ではないかと思いもしますが、

まあいいかあ!!の精神で、焼き芋を目いっぱい焼いて配ります。

近くの人や、時間がある人、

いらっしゃいませ~~~~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ボランテア

私にとってボランテアは生活の中の一部だと思ってます。仕事がいかに忙しくともボランテアは必ず参加すると決めて活動を続けてきました。

海外にも行きましたねえ!!

1993年から4年間連続で行きました。

初年度に行ったフィリピンは、私にとって衝撃的でした、ピナツボ火山の噴火で灰に埋もれたため住むところを失ったアエタ族が居住するところに行って、バナナの木の植林と、井戸掘りをしました。

夜、浜辺でみんなと食べた蒲焼が忘れられません。食べ物が合わなかったものですから、東海から参加したメンバーが持っていた、蒲焼の真空パックの美味しかったこと、美味しかったこと!!

何日か作業して、第二の目的地「スモーキーマウンテン」へ

私の人生観を変えてしまった出逢いの場所です。

マニラ郊外のスモーキーマウンテンにマニラ中からゴミが集まり、そのゴミの山の中で生活する6000人ほどの人々がいました。

当然、子供たちも沢山いました。ゴミの中で生活する多くの子供たちの目の輝きに感動しました。

絶望的な生活をしている子供たちなのに、どうしてこんなに輝いた目をしているのだろう?

娯楽などなにもないところで育った彼たちは、どうしてこんなに嬉しそうに、笑顔を私に与えてくれるのだろうか?

なんの教育も受けていないはずの子供たちが、どうしてこんなに倫理的感じるのだろうか?

私はいままでこれほどの笑顔を、そしてこれほどの目の輝きを目の当たりにしたことはありません。

子供たちの笑顔に、何故か涙が流れました。

そして、自分の心の中で、「今まで、俺は何をしていたんだ?!今まで俺は何をしていたんだ?!、、、、、、、、、。」何度も何度もその言葉が脳裏にこびりついて離れませんでした。

大人になるまでに、ほとんどの子供たちが疫病や事故で死んでゆくのを身近に見て育ってきた彼らは

「夢はなあに?」と問いかけると

「大人になりたい!!」としか言えない子供たち

その子供たちの笑顔で、私はすこし変わったと思います。

その翌年も、フィリピン、今度はストリートチャイルドのための家、「グリーンホーム」へ行きバスケットコートをみんなで作りました。(フィリピンでのコンクリート打設はきつかった!!)

池をつくったのもこの時だったかな

その翌年はベトナムへ、ドンタック県という田舎のほうで、小学校の生徒が使う机をつくりました。(仕上げのにかわが手について、たまらんかったなあ)

その翌年も、ベトナム

ベトナムの子供たちとの交流もしましたが、やはり初年度の、フィリピンの子供たちとの出逢いが、最も心に残る出逢いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

組織づくり

私の大学の卒業論文のテーマは「組織風土とモチベーションの研究」でした。(工業経営学科の時)

組織の風土が個人のモチベーションにどのような影響を及ぼすかという研究ですが、二つの対極的な組織風土のサンプルとして

当時(昭和52年ごろ)の市役所と当時のS建設工業を選び、アンケート調査によって出た結果を因子分析することによって、

組織風土のなかで、モチベーションに影響を及ぼしていると断定される因子を、その組織の因子軸として抽出してゆきました。

当然、市役所=ヒエラルキーな組織、S建設=目的を明確にした組織、

という前提で、論文を展開しているために、すこしかたよった結論にしてしまっている感は否定できませんが、

その当時よりも、私が卒業して数年してから、その論文がけっこうもてはやされていることを知り、嬉しく思ったものです。

しかし、現在において、同種の研究をしようとしたときには、少しちがった価値観でつながった組織も考えなければいけなくなっています。

いわゆる、使命共同体としての組織、もしくはネットワーク組織などは、その当時(30年前)には、一般的な概念にはなかったと言ってもよいのではないでしょうか?!

しかも、その組織が単一的に、

たとえば、ヒエラルキーな組織のままでいるとはかぎりませんし、

常に、目的を共有できている組織でいられるとも限りません。

フレキシブルに変化をしながら、時代に対応できるような組織を常にイメージしておかなければ、経営者としての組織づくりに失敗をするのではないかと思います。

しかも、その組織の中に、多様な「しくみ」を組み込んでゆかなければならない、私たち経営者にとって、これからの数年が勝負ですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

何故?もう少し!!

市長主催の政策発表会のような会?に出席しました。(途中で出ましたけど、、、。)

堅実に施策を遂行しているということは一定程度理解はできました。しかしながらその内容は、ほとんどが国の法律によって市町で履行しなければならない内容がほとんどで、

一般市民の方には、「へえ~~!」っと思えても、私には少し物足りなく感じました。

また、国の施策の問題点も指摘してほしかった気さえします。

特に、今回の講演会が生活者視点と銘打っていただけに、今の市民のみなさんの生活に直結した問題が、今の国の施策には多いだけに、

「あれもできた、これもできた、、、。」ではなく、「これはできたが、こういう問題点が残っている!」とか、

市民のみなさんが、問題意識をどのように持たなければならないかを示唆するのも政治家の役割ではないでしょうか!?

現在の、さまざまな問題提起は、ほとんどがマスコミからなされ、政治が後追いのような感じがいたします。

本来ならば、政治が、国民のさまざまな生活の中での問題点を拾い上げ、政治の場で解決してゆかなばならないのではないでしょうか!?

市政も、当選当初は、そのような新鮮さがありました。

現実的な諸問題をかいくぐるように、すり抜けてきた現市政は、問題を直視することを避ける癖がついたのでしょうか?

職員のモチベーションが低下しているのも、責任を回避する上司の姿によるものが、多いのではないかと感じざるをえません。

それと同時に、市民のみなさんに、夢を与えてあげれるような政治も必要ではないでしょうか?!

できれば、もうすこし夢を語ってもらいたかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

人からの依頼

自分の仕事柄、人からの依頼が多くあります。出来る限りお答えしようと思ってますが、なかなか期待にそえないこともあります。

ただ、依頼されたことに対して、ちゃんとお答えはしておこうと心がけてはいます。たとえ、だめな結果としても、報告しておくことが大切だと思ってきました。

当然、お願いした趣旨とはちがった答えですから、気持ちの納得できないこともありはするでしょうが、

依頼されたことに対して、無しのつぶてで、結果も、なにも連絡しないのは、相手にとっては最悪の対応ではないかと思います。

しかし、私もうっかりして、連絡が遅れたり、忘れることもあります。

人間関係が損なわれる、最も多いパターンは、それでしょう!!

私が逆に依頼した立場の人間として、何もせずにほっておかれ、無しのつぶてでは、ある種の侮辱されたような感覚さえ持ちかねません。

頼むからいかんのよ!!と思わなければいけないのでしょが、、、、。

特に、自分のことではなく、目下や、社会的弱者の方からの依頼を、中間に立って、誰かに依頼したときなどは、軽くあしらわれると腹が立ちますよね。

依頼してきた人の満足度は別として、ちゃんと返事を返していくということには、細心の気配りをしてゆかなければと、思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

明日こそは

「明日こそは、、、、、、。」最近、その言葉が多くなっています。

毎週、日曜日の夜には、自分がやらなければならないことをノートに箇条書きで書いておきます。

だいたい20項目以上書けないと、寝ないことにしています。最後の5項目ぐらいがなかなか出てこないことが多いですよね。

大学卒業してサラリーマンやってたころは毎日20以上をメモ書きすることを続けてました。

やらなければならないことを書いておくのと、書かないのとでは仕事のはかどりがぜ~~んぜんちがうのです。(あたりまえではありますが、、、。)

そのころは(サラリーマンだったころ)よく働きましたよ。革靴は2ヶ月もたなかったし、会社には当然、私が一番乗りですし(会社のコピーの電源はいつも私がいれてました。)上司が出社するまでには、新聞等の必要記事のコピーとファイリングは終えて、重要箇所はマーキングして、上司の机の上に置いておきました。よく土日も隠れて会社に来ては仕事を後輩にさせてました。

今は、週に一度、日曜日にするべき用務を整理してますが、それでもけっこうプラスにはなります。

ただ、冒頭言いました「明日でも、、、、。」とか思うと、てきめんに前の週に書いた項目が積み残しで、同じ事を翌週も書かなければならなくなります。

それが多くなりました。

反省!!

間違いの無い遂行能力をアップさせよう!!

と思った今日この頃でした、、、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

不惑の宴

正に、本人らしい、泣き笑いの宴でした。

園の先生からのメッセージが泣けました。今度、結婚退社する彼女からの言葉は、合田園長の励ましの言葉への感謝の気持ちがこもってました。

ゴーちゃんのビデオメッセージは笑えました。

自治会の役員のみなさんのダンシングチームも一生懸命で、笑いの中にも「すごい!!」という気持ちを沸き起こしました。

バンドは、さすが!!

若手の先生たちのダンスはかっこよかった!!

そして写真の花束贈呈

最後の、本人からの挨拶は泣けました。

いい、友人に囲まれて、いい雰囲気の宴にふさわしい挨拶でした。なによりも奥さんに向けての感謝の言葉、

すこし照れてましたが、いいしめの言葉だったと思います。

Goda_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

鉄道記念館

鉄道記念館へ行ってきました。

新幹線の運転席の居住性の悪さにおどろき!!

その時、S新聞のO記者に久しぶりに会いました。新聞社を退社して、現在はこの記念館の館長を務めておられるそうでした。雑誌に掲載する記事を書くための写真を撮っておられました。「雑誌の記事ならおてのもんでしょ」などと言いながら別れました。

新幹線の車両ともう一つの列車(なんだったか覚えてない)の車両があるだけですが子供はけっこう喜びますね。

車掌の帽子をかぶってワンショット

先に入った、十河信二記念館はなかなかおもむきもあってよかった。出来れば新居浜にほしかったですよね。氏は新居浜に生家がありますからね

そういえば、2年前に講演に来ていただいた入山先生の奥様が十河氏のお孫さんだったのにはびっくりでした。

その時に先生の奥様をお連れして氏の生家跡や西条の記念碑などを回ってもらったことを思い出します。

話は戻りますが、その記念館に新居浜の中萩校区連合自治会長から感謝状が出されていたのが印象的でした。

最後に、記念館の前にあった観光物産館のようなもの(?)全体のコンセプトがよくわからない展示でした。

しかし西条の「だんじり」が展示してたのはよかったですね、

ただ、せっかく展示するのですから、効果音が流れてるとか、なんか祭りに接してる感じがもてるようなものがほしかったですよね。

新居浜の駅前にはもっといい感じの展示をしたいですね

丁度、3時過ぎに、西条駅に「アンパンマン列車」が通過しました。

孫は大喜びでありました。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

まめまき

今年も鬼になって「まめまき」

去年と同じく、私は鬼

今年は、孫も私の鬼にすこし怖がってくれたのが、なんとなく嬉しかった(変ですね)ような!!

みんなが元気で、居れますように!!

Photo_5

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒稽古

前の日の寒さが山々をいっそう寒く化粧していました。

外気温は0度、水温は1度ということでしたが、ものともせずに入っていきました。

その前に行われる、神社の境内での気合の入った稽古が、境内に漂う神聖な空気のなかで、ひときわ輝いて感じます。

その後、入水!!

毎年、見学に来てますが、今年ぐらいいてつくような寒さの日は久しぶりです。以前にも雪花がちるなかでの稽古もありましたが、これほど寒くはなかったような気がします。

それだけに、稽古のあとのうどんは格別おいしそうに食べてました。

友人が「この寒稽古をすると、一年無病息災でおれるんだよ。」と言ってた言葉でも、

それじゃあ、自分もやろか!とかいう気にはとてもなれない寒さでした。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

韓国大統領就任式

来ましたあ~~~~~~!!

韓国政府から、正式に大統領就任式の招待がありました。

さっそく、領事館に出席の返事をしておきました。

初めての経験ですし、たぶん二度とないでしょうから、ごっつー期待してます。

何故、呼ばれたのかということは、あまり深く考えずに、行くことにしました。

このような招待は、ワルドカップの開催感謝パーテーに呼ばれていらいです。

日韓共同開催のワールドカップに貢献したということで、招かれたのですが、その時は1500人ぐらいのパーテイーですが、日本人は私一人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »