« 安倍総理の辞任 | トップページ | ブログ開設1周年 »

2007年9月15日 (土)

政治の中の力学

政治の世界の数の原理を見せられた一日でした。

どの人の意思も、数を読み込むと、自分を中心に有利なほうへ身をおく習性があるのでしょうか?

人間は一人では何も出来ない!!

これは当然のことですが、その意志、志も周りの環境をおしはかってでないと固まらないのでしょうか???

内橋克人氏の「浪費なき成長ー新しい経済の起点」の一節を思い出しました。

「ウイナー、テイク、オール」

政治の世界もその思想が覆いかぶさっているのでしょうか?

しかし、強いものが強くあり得た社会の枠組みそのものが、

彼らを強い存在にしていた条件自体が、

時とともに、変化していってるということを理解しなければならないと思います。

時代の変革のとき、誰が変えてゆくのか?ということを考えなければなりません。

変えることができるのは、弱きものであり、敗者であります。

そこに弱さのなかの強さがあると思うのです。

私は、今回の総裁選挙は、下野できる人に勝ってもらいたいと思います。

敗北者として身をかかげても、泰然としていられる。

そんな、リーダーを時代も望んでいると思うのですがいかがでしょうか?

弱さの強さを、身に持った、

そんな人にこの国を任せたいと思うのです。

|

« 安倍総理の辞任 | トップページ | ブログ開設1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/7945754

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の中の力学:

« 安倍総理の辞任 | トップページ | ブログ開設1周年 »