« 地域再生フォーラム終了 | トップページ | 安倍総理の辞任 »

2007年9月12日 (水)

9月議会に向けて

九月議会の質問原稿がなんとか書けました。書いてみるとやっぱり多くなって、いくらかカットしなければならないでしょう。

県議会は30分の質問時間ですから、だいたい270字ずめの原稿用紙で30枚から35枚ぐらいで丁度なんですが、書き始めるといつのまにかそのボリュームを超えてしまうので、いつも、カットする作業が最後にのこるんです。

今回の質問は項目的には、県全体の行政運営のこと、平成の合併の総括、環境、地域の活性化、などと、あとは福祉に関して3問用意しました。

基本的には、今回の質問のベースに各市町と県との「政策連携」をテーマに組み立てています。

特に、障害福祉、高齢福祉など、現場重視で政策を構築してゆくべきところを、国主導で下方へ流す、これまでのスタイルの限界は誰もが承知のことと思います。

つまり、大きな問題として、地方分権が地方主導で行われていないこと、地域が独自の施策を打ち出し、その施策を地域が共有しながら調整してゆき、そこで生まれた政策連携が国を、また国の政策を形作ってゆくのでというところの欠如、福祉の制度作りの段階で多く見えてきました。

国民は今こそ地域の現状を十分ふまえた、真の福祉施策を求めているのではないでしょうか?!

その施策作りを多くの連携で作り上げることのできた地域が先進地として頭角を現してくるのはまじかだと思います。

|

« 地域再生フォーラム終了 | トップページ | 安倍総理の辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/7906915

この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会に向けて:

« 地域再生フォーラム終了 | トップページ | 安倍総理の辞任 »