« 9月議会に向けて | トップページ | 政治の中の力学 »

2007年9月14日 (金)

安倍総理の辞任

なんとも、言えないような急遽の出来事でした。ほんの二日前には所信表明をされたばかりなのに、、、。

私も総理の所信表明の内容で、今回の自分の議会での質問に引用できるようなところはないかと、新聞の小さい文字を一生懸命探してたところでした。(結局あまりぱっとしたところがなかったので引用するのはやめました)

しかし、まあ、不可解な退陣劇でした。

安倍総理の心中をいくら推し量ろうとしても、なかなか見えません。

何が彼にそうさせたのでしょうか?

辞任するというけじめの取り方が、この時期に妥当だったのでしょうか?!

ただ感じるのは、国会が、本当の意味での議論を戦わすばになろうとしているのではないかと思います。

今後は世論に左右されないところでの、しっかりとした議論を期待するところです。

また、早急に中央官庁に対して、地方の現状や、実情を話し、なおかつ地方で立案した政策を中央官庁にぶつけることができるような人材を育てなければいけないと思います。

地方の側は、逆に地方独自の政策を提示いただきたいと思います。

|

« 9月議会に向けて | トップページ | 政治の中の力学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/7932466

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の辞任:

« 9月議会に向けて | トップページ | 政治の中の力学 »