« 中年バンド | トップページ | 議員のありかた »

2007年8月 4日 (土)

活動のテーマ

今日、ある社長にお会いして、いいテーマをいただきました。

自分の政治活動だから、なんとか自分の感性でつかみたい、とか、自分で考えてとか思ってました。

しかし、そう思うこと自体が自分の思い上がりであり、テーマを見失う元になってしまうと、今日はつくずく思い知らされました。

私たちの日ごろ取り組むべき問題は、多くの人々の生活のなかに内在するわけですから、多くの人に会って話を伺うということをなおざりにしてしまうことは許されないことである。という自分の原点を、再確認できました。

どんな状況、どのような時代の流れになろうとも、自分の活動の座標軸の原点がぶれてしまうのはだめですよね。

今の自民党も、もう一度、在野の精神で多くの人々の声を受け止めるシステムを持たないと、今回のような、国民の多くの鬱積した不満をいっぺんに受けることになってしまうのではないでしょうか?!

そのためには、自民党の各地域支部がもっと有効に機能しなければいけないし、党本部自体がまだ中央集権の象徴的運営をしているようでは、なかなか今の国民から指示をもらえるような組織にはならないと思います。

地域支部においては、議員主導の、もしくは議員だけで主たる役職を構成している現在の組織構成をもう少しフレキシブルに変化に対応できるような組織に変更し、常に支部からなんらかの情報発信を行っているような、能動的受動でありたいと思います。

また本部においては、各地域支部の情報をお互いに共有できるようなツールを早急に構築し、ネットワーク組織特有のミクロマクロワープを相互に推進できるような組織にしてゆかなければならないと思います。

ようするに政治の組織も経済の組織と同様の組織作りとマーケッテイング戦略をもたなければならないということですかねえ!!

|

« 中年バンド | トップページ | 議員のありかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/7404044

この記事へのトラックバック一覧です: 活動のテーマ:

« 中年バンド | トップページ | 議員のありかた »