« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

何故、残念であったか

質問の内容について、何故、残念だったかを話しておく必要がありますね。

地元の県道の供用時期についての質問でした。

私は、何かの意図があって「その道路はいつできるんだ?」と質問するのはべつに、さしつかえは無いと思うのですが、

なんの意図も無く、ただ単に「その道路はいつ出来るんだ?」と聞いても、いかがなものかと思うのです。

しかも、今回のこの県道は、何度も、何度も、用地交渉で挫折した案件でしたので、昨年、年度末に工事が発注になった時には、ほんと嬉しかったわけです。

この路線は、ほとんどの部分で事業認可をまだ取得しておりません。

今回質問の区間の進捗状況をかんがみながら、次の事業認可へもってゆかなければならないわけです。

つまり、今後の事業認可取得のためにも、今回の工区の工事の進み具合が重要なわけです。

現在のところ、25年完成となっていますが、それを早めてゆくための、仕掛けをしているところです。

たとえば、秋に新居浜市のほうで提出する「地域再生計画」の中に、この路線を入れておくことも、一つの要因になるでしょうし、

12月に発表される道路基本計画のなかで、この道路がどのような位置づけになっているかでも、ちがってくると思います。

まだ、いろいろありますが、そんなところへもって

「この県道はいつ出来ますか?」と唐突に質問されて、「25年に供用します」と答えを出してしまわれても、

その議事録が残るだけで、既成事実として、道路の完成が内部的に決定されてしまうのは、これまでたずさわってきた者として残念ですね

まあ、まだこの路線を早めてゆくことをあきらめてはいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

残念な質問

昨日(一昨日)初めて登壇した彼は、思う存分質問ができたと、満足してるのでしょうか?

私とは選挙区が同じですので、私自身興味深々で当日を迎えました。彼の質問は聞けなかったのですが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

警備の打ち合わせ

安倍総理が来られることについての、警備の打ち合わせをしました。

党本部から来てる人は、そのつど党本部にお伺いを立てながら、打ち合わせを進めてゆくのです。

私のほうから提案したことは、すべて却下!!

新居浜に来てくれたのだから、どうしても太鼓台はお見せしたかったのですが、警備上も、また党本部の考え方もNOでした。

総理大臣が新居浜で太鼓台を見た!となればニュース性もあると思うし、太鼓台を見てもらった人たちにとっても、いい思い出になると思うのですが、

当然、会場外にあぶれた人たちも、安倍総理の顔をみることもできるわけです。

表には一切出ずに、そのまま帰るとなると、会場の中だけですから、

新居浜に対するインパクトは非常に弱いと思います。

まして、地域再生を推し進めようとしている総理が、その地域に訪問しても、その地域の資源に一切ふれずに、帰ってしまうのはいかがなものかと思います。

せめて数分、たとえ一箇所でも、その地域のかけがいのない資源にふれてもらいたいと思うのですが、、、。

選挙オンリーの訪問だとしても、そのぐらいの時間は割いて、地域のことを見てもらいたいものです。

しかも、今回の決定に関して、すべて、「党本部がそのようにしてもらいたいと言うので」と決めてしまう。

地域分権だ、地域の自立だ、地域主導だといって、実際にやってることが中央集権では、おかしいだろう!?

実は最も官僚主義に近いのは自民党本部ではないのだろうか!?

今回の選挙、各地域は頑張れても、比例区では打撃を受けるのではないかと思われるような、そんな予感をさせられる出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

今日の質問

今日は、同じ選挙区から出馬している議員の質問があります。

彼にとっては、生涯で初めての議会での登壇ですから、緊張もするでしょうが頑張ってもらいたいものです。

また、結構、地元の質問があるようなので私としても興味深々ですね。

初当選の後の初登壇は、逆にその議員の最終総合評価の場であるとも言えるでしょう。多くの県庁職員も当然見ていると思います。

この政治家はどのような考え方をしているのかとか、

センスはあるかなあ?とか

そういう意味でも、自分にとって非常に重要な場面でしょう

自分にとって最高の自己表現の場は、逆に、最も自分を評価されるところなのです。

自分の考え方をどこまで出すかが問題です。

自分の考え方を盛り込まずに、ただ単に質問をするだけでは、あまりにも面白みがなく、そんな質問はしたくないと思ってます。

逆に、自分の考えを出しすぎても、質問に対して耳を傾ける気持ちがうせてしまうものです。

「出さずに出す」

登壇における質問の、奥の深さを感じます。

今日の議会が楽しみですね

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月25日 (月)

安倍総理、新居浜来る

急遽、安倍総理が新居浜に来ることになりました。

何の用事にせよ、現役の総理大臣が新居浜を訪れるのは何回目なのでしょう?

私は、20年ほど前、竹下総理がおいでになったとき、その講演会の司会をしました。

その時、席が2,3空いているといって、かなり怒られた記憶があります。

今回も講演会だけなので、どうかわかりませんが、せっかく来ていただくのですから、新居浜の記憶をどこかに刻んで帰ってもらいたいと思うのですが、、、。

急遽の訪問でしかも、時間があまり無いので残念です。

私たちに与えられた、50分間をフルに使って、総理に何かを持って帰ってもらうつもりです。

おいでになる6月30日までのタイトな時間ではあるけれど、しっかり企画をやるぞ~~~い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

人を育てる

今日、関谷代議士の息子さんの演説を聞いて、「はっ!!」としました。

飛び込みで、しかもその場の雰囲気にもまだ馴染んでない状況なのに、

その場に合った、すばらしい話をされました。

まだまだ若いから演説も若いわのお!!と思っていた私には(彼に少し失礼かも)驚きと感激でありました。

前に衆議院議員の比例区の候補者として挨拶をしてたとき、

今回の選挙に向けての活動のなかで、1月頃の挨拶、

先日までは、そこそこ、そつなくこなすな!っという感想程度でしたが、、、。

なんとなく、心を掴む挨拶になってきたと思えました。

かえるの子は、かえるだなということではなく、

選挙の状況が日増しに厳しくなっていることが、彼をそうさせているかのように思えます。

「窮すれば通ず」まではいかないにしても、厳しい毎日の選挙活動が、彼自身を磨いてくれているのでしょう。

今回の選挙戦を終える頃には、新たな政治家「関谷 水」君が生まれる!!

そんな、予感をさせるような、すばらしい演説でありました。

やはり、息子には苦労させないかんねえ!!

という私も、もう息子を育ててゆくプログラムを作成する時期になっていると言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月21日 (木)

後援会発足

今日、関谷かつつぐ新居浜後援会が発足しました。強力な陣容で結成することができ、感謝しております。

これからは、縦に降りてゆく選挙と、横へ広げてゆく選挙を同時にできることとなります。

ただ、実際に後援会が機能始めるのはまだ時間が、かかりそうです。これまでできていない、団体をもう一度精査して、意志の疎通をはからなければならないし、その前に団体の調書を作成してゆかなければなりません。

まだまだ、膨大な作業が残っていますが、7月の初旬までに、仕上げてゆかねばならないと思ってます。

この後援会が機能し始めると、かなり強固な選挙態勢が出来上がるのですが、、。

また、公明党の協力も心強いところです。

前回4500票負けてるだけに、今回は、リベンジでっせーーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

覚悟の大きさ

先日、私のお世話になってる人が亡くなりました。私がたまにお邪魔している新居浜の大島の方です。

みんなから「タケにいー」と呼ばれていて、いつも朗らかに、私を笑顔で迎えてくれました。

「タケにいー」と初めてあったのは8年前でした。ニコッと笑いながら「おまえ、こりゃあーこおせないかんのんぞよ!!」と人なつっこそうにしゃべる「タケにいー」

私は大好きでした。

4月の選挙のときには、私と一緒に歩いてくれました。今、思えば、以前とはずいぶん、しんどそうに歩いていたような記憶があります。

選挙の後、みんなで会ったときは、にこにこしながら、楽しそうに座っておられたのに、、、。

ただ、好きなはずの酒は口にてなかったことを思い出します。

先日、お悔やみに行ったときに奥さんとしばらく話をしました。

去年の入院のときに、本人はもう長くはないということを知っていたそうでした。また、4月に入院した時には、延命措置についても本人の口から断っていたそうです。

それでも、亡くなる直前まで、同じ病院に入院している他の人たちを、励ましたり、楽しませたりしていたそうで、「他の患者の気持ちを和ませてくれた」と亡くなってから病院を出るときに担当の医者や看護師の方たちからずいぶんお礼を言ってもらったそうです。

「タケにいー」らしいなあと思いました。

私と一緒に歩いてくれた時には、すでに、ガンが大きくなって食物などが通らなくなった食道のバイパス手術をしていた身体だったそうでした。

一言も「痛い」とか言わずに笑顔で歩いてくれてた「タケにいー」、、、。

大きな覚悟、大きな胆力を感じます。

寝ているのかどうかわからないぐらい、静かに、安らかに、逝かれたそうでした。

心から、ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

市議会議員のみんなと

わたしは、これまで自民党の市議会議員の方と共同して選挙運動をしたことはありませんでした。

私の会に来てもらう、とか市議の方の会にお邪魔すると言う形での協力はして来ましたが、一つの会を協力して開催するというようなパターンでは初めてです。

組織のありがたさというものがよーーーく、わかりました。

それと、まだまだ大きな「しかけ」ができそうな気がしてきました。

今日の会はある意味では、自民党の組織、友好団体だよりの、どちらかというと縦割り選挙ではなく、地域ごとのを優先したエリア割選挙の試行といえるのではないでしょうか?!

わたしはこれまでの党営選挙に疑問をいだいていました。結果として自民党の弱体化につながったのではないかと思ってます。

無党派というアンチ自民党を培養したのは、実は自民党自体であり、無党派を最大限に取り込んで政府の運営ができたのは、「自民党をぶっこわす!」と声を大にしてはばからない小泉総理でありました。

ただ、振り子も政治も同じように、振り切った振り子は、必ずゆり戻しがくるのであって、振り切ったままの状態で維持してゆくことは不可能です。今が、そのゆり戻しのときなのであれば、丹念に痛みをつくろいながら、もとのところへと進んでゆく覚悟が必要ですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

経営理念の構築

先日、新規の経営理念を発表すると社員幹部に伝えました。発表まで、あと5日です。

経営理念は、基本的にはその会社のミッション、使命を語る部分と、会社の将来(1年後から10年後まで)のすがたを示すビジョンの部分とになると思います。

それと同時に、会社で社員が共有すべき価値観、バリューも語っておくべきかと思います。

1996年には日本青年会議所として「使命のゆくえ」という提言書を作成しました。当時、この提言書を見た官直人議員は60冊購入してくれたのです。その後発表された「デモクラティクパーテイー」いわゆる民主党の政策内容と酷似していたことを思い出します。

また其の年、1996年には「ミッション」というCDも発表しました。

つまり、ミッションとか、いわゆる使命に関する記述については、まあまあ自信がありますが、

ビジョンはまだいいにしても、バリュー(価値観)は難しいですねえ!!

ミッション、ビジョンはその時おりの社会環境などによって変化してゆくものですし、また、そうあるべきです。

しかし、バリューは不変のものでなければならないと思うのです。

それだけに、難しい!!

今の社会で「不変のもの」を持ち続ける事、自体が否定されてしまいそうな感じさえ受けます。

武士の時代の不変の行動規範は「孝」の一字で表せるように、日本人全体に深く浸透していたのでしょう。

現在では、どうでしょう??

「赤信号、みんなでわたれば怖くない」に象徴されるように、自分の行動を肯定する基準が多数派であったりすることでよいのでしょうか?

この5日間で、バリューを規定することは難しいかもしれませんが、挑戦している自分であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 8日 (金)

適度な刺激

昨日、38~41歳の経営者4人と夕食をともにしました。

私とおおかた、ひと回り違いの経営者ばかりです。しかも4人のうち3人が創業者で、すでに起業してから13,4年たってるわけです。

私達は、年下という感覚を忘れて、お互いに話しました。

それぞれの人の経験談、けっこうユニークな経験をしてきてる人たちばかりです。

少なくとも、私には今日の会食は非常に有意義な会となりました。

そして、これまでベンチャーとして戦ってきたみんなのベンチャー魂のようなものを学びました。

私自身、ここ数年、具体的な目標を掲げずに経営活動をすすめてきました。それ自体に大きな問題があることもよく理解できました。

自分の目標を上方、上方へといだきながら自分を律し、社員にリーダーシップを発揮できるような仕掛けはしなければ!!

昨日は大きな「気づき」と適度な刺激をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 7日 (木)

目標を見据えて

4月の選挙が終わってから、やたらと忙しい毎日が続いています。「忙しい」の字のとおり、心を亡くしてしまってはならないと心がけてはいるのですが、用務に追われる自分の現状は、いささかそうなっているのではと危惧するところです。

「すこし、のんびりしたら、、、。」とか言ってくれる人もいますが、わが身は一つ、なかなか自由がきかないところです。

そんな状況にいらだってしまう時もあります。事務所のスタッフにきつく語ったり、来訪所に中途半端な対応をしたり、、、、。

反省しきりであります。

毎日毎日が勉強の連続であるということを強く認識しながら、

今、自分がやるべきことを、

自分の目標に対してどうなのか?!を問いかけながら連続的に決定してゆかなければ!!っと思ってます。

実業の世界と、虚業である政治の世界とを持つ、わたしですから

常に、双方の目標と双方の基本的な理念は整合させながら企業活動を進めてきました。

そういう意味では企業市民的な考え方は早くから社員にも浸透してきたと思っております。

営利活動と非営利活動の共存は私のある時期のテーマでありました。

最近では、その非営利と営利とはまったく違和感なく共存できる社会になってきていると思います。

ただ個人の内面的な部分の倫理観は非常に未熟なものになってきてると思います。

個人の感覚が社会の中からはみ出してしまっているのでしょうか?!

地域社会で今、見直してゆかなければならないテーマ山積みですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

関心の大きさ

フォーラムを通じて意見をいただきました。みなさんの生活に直結した部分での質問がほとんどと認識しています。
生活者基点の政策を早急に構築して、みなさんに問いたい!!そう強く思えました。

秋のフォーラム第2段には、具体的な政策をみなさんに問いかけ、一定程度のコンセンサスを得たいとおもいます。
また、インフラに関する話が、今回、多かったのですが、ソフトに関して、「しくみ」に関して、具体的なものを作り上げてゆきます。

今、言えることといえば、「子育て支援」に関する具体的政策、「中小企業を支援」する施策などですが、人づくりと

かについても考えてゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

フォーラム終了

新居浜・地域再生フォーラムが無事終了しました。関係各界のみなさんにご支援を賜り、無事終了できましたことに感謝申し上げます。

時間的に短いフォーラムだけに、パネリストのみなさんの意見を十分引き出せなかったことに対して責任を感じております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

いよいよ明日

新居浜・地域再生フォーラム、いよいよ明日開催です。

私の新たな政治活動のスタートととらえています。自分で政策を作り、皆さんに問いかけ、そして、その政策を実施してゆく。そして、実施した政策をもとに、新たな政策を構築し、それまでに実施した施策にかぶせてゆく。

政策立案と実施、そして評価の連続的な活動を進めてゆきます。

その活動にかかわる議員が成長して、新たな議員の輪を築いてゆく、、、。

地域社会を変革の波に引き込む時がきたと思っております。

13年前に書きつづった、自己改革へのハンドブックの変革の原動力を起こす時が来たととらえています。

本来であれば、ボランタリーな、一人ひとりの活動が変革のうねりを起こすのですと書いたはずですが、私はそれを政治の世界から起こすこととしました。

けっしてボランタリーな、そして自発的な活動では、変革を生み出すことができないと、あきらめたわけではありません。

基本的には、一人ひとりの自主的な活動がスタートであることには変わりないと思ってます。

久しぶりに、変革の友が繫がって行く楽しさを味わいたい、、。

51歳、私にとって新たな起業であるような気がします。

明日、来てくれた皆さんに満足していただけるか、すこし不安で、すこし楽しみであります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

ゴールドジム落成レセプション

世界ナンバー1を誇るジムが新居浜にオープンします。「ゴールドジム新居浜・愛媛」

多くのアスリートを輩出した経験と知識がいかされたトレーニングを享受できる施設がオープンすることは、ありがたいことです。今後の新居浜のスポーツ選手のレベルアップにも大きく貢献することと思います。

また、幅広い年齢と男女を問わない多くの方々に愛される施設となることを期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »