« 水温3℃ | トップページ | 81歳の誕生日 »

2007年2月 8日 (木)

活性化の秘訣

「新居浜、活性化の秘訣はなんでしょうか?」と聞かれました。

私は「活性化に、これはという秘訣は無いのでは?!」と答えましたが内心では

誰かが、少しずつでも活性化につながるような活動を続けることができれば、それはまさに活性化と言えるのではなだろうか!!と思いました。

私が新居浜という組織体の経営者であれば、その組織を活性化するために、すべての資源を活かすことを考えるでしょう。

つまり、地域の資源をいかに活発に活用するかが、地域の活性化のもっとも重要なことではないでしょか。

地域の資源とは、当然観光資源とか、自然、さまざまなものが資源といえるわけで、当然そこに住む人々も資源であります。その地域に住む人すべての人々を活気ずかせること!若い人から実年、老年、退職者、いろんな人を活性化に導く施策を考えなければなりません。

つまり、できるだけ多様なステージを演出して、そのステージで多くの人が活動できるような仕掛けが必要になります。

ただし、多くの人々がそのような活動ができるようになるためには、また多くの「テーマ」が必要になります。多くのテーマが用意されたとしても、具体的な行動プランがないと、なかなか行動に移せる人はいません。

その活動がボランタリイであれ、営利を目的にしていても

周りで応援してゆこうとする環境も必要ではないでしょうか?

人材を活かすための人材バンクとニーズに対して人材をマッチングすることのできる機能をもったところもひつようになりますね。

|

« 水温3℃ | トップページ | 81歳の誕生日 »

コメント

市民一人一人が、家の周りのごみをひとつ拾うだけでも、新居浜市全体では12万個以上のごみが減ります。少しの事の積み重ねが大きな力になると思います。私も微力ながらがんばりたいと思います。
 ところで、2月18日(日曜日)14時より、新居浜市大島の公民館で、えひめAIを開発された、曽我部義明先生の講演会があります。愛媛県内だけではなく、日本各地や世界的に注目を浴びています。全国から寄せられた効果の報告などもしていただけると思います。みんなで使うと瀬戸内海がきれいになり海草も増えます。地球温暖化の防止にもつながります。多くの方の参加をわくわくアイランド大島のメンバーも望んでいます、宜しくお願い致します。

投稿: めがねやさん | 2007年2月 8日 (木) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/5254892

この記事へのトラックバック一覧です: 活性化の秘訣:

« 水温3℃ | トップページ | 81歳の誕生日 »