« 81歳の誕生日 | トップページ | いよいよ事務所開き »

2007年2月10日 (土)

手ごわい

出馬記者会見の要旨を読ませてもらいました。「手ごわい!」これが第一印象です。

「この参議院選挙は、有権者である皆さんに、新しい風が必要なのか、新しい風は必要ではないのか、それを問う選挙だと思います。、、、、、、、」

選挙自体をイメージづける言い回し、

「しがらみを断ち切るか、断ち切れないかの選挙、、、」宮崎県知事選挙

「もったいないか、もったいなくないかを考える選挙、、、」滋賀県知事選挙

「郵政民営化に賛成か、反対かを問う郵政民営化選挙、、」衆議院選挙

ご理解いただけるように、選挙自体をテーマづけて、相手のイメージまでマイナスに印象付ける、まさに小泉戦略であります。

自民党総裁がとった選挙戦術で自民党自体が攻められることになってしまったのではないでしょうか?!

しかし、今回の選挙は、「新しい風が必要か、必要でないか」をテーマとしてだけでの戦いになってはしまわない、と見ています。

選挙のスタイルが変わってゆこうとしていることは、理解のうえでも、戦術の中での候補者の評価というものは、かわってはならい部分はまだまだあるのではないでしょうか!!(あたりまえのことですけど)

そういう意味ではこれからの選挙は、政治家を評価する新しい指標のようなものを確立してゆくための過程と言えるのではないでしょうか。

その人の人間性、人柄を、さらにはこれまでの実績、まちづくりへの関わり、そして、これから何を行ってゆくのか、を評価するのと同時に、投票する市民はそのときの社会情勢を評価したり、様々な評価軸がつくられててゆくのでしょう。

その流れをつかみ、それに対応できた候補者が勝者となる、ながれをつかむというよりも、その流れを作ってゆける政治家にならなければいけないなと思いました。

選挙というハードルを超えてゆく以上、自分の選挙スタイルというよりも、市民がもつ、これからの政治家の評価軸と選挙の時の市民の評価軸の接線上をすすむ活動を積極的に取り組まなければならないのでしょう。

|

« 81歳の誕生日 | トップページ | いよいよ事務所開き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/5282290

この記事へのトラックバック一覧です: 手ごわい:

» 新しく始めたブログ見てくれた? [優希]
せっかく書いてるので、吉岡さんにも是非見てもらいたくて・・・ [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 23時27分

» はじめての更新です♪ [人妻日記]
言葉に出してみて身にしみましたw [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 23時32分

« 81歳の誕生日 | トップページ | いよいよ事務所開き »