« 使命のゆくえ | トップページ | 技術の革新 »

2007年1月26日 (金)

災害の記憶

少しずつ、座談会」を初めています。これまでの私の活動を説明するうえでは、16年の豪雨災害の話は抜きにはできないところです。

今期の4年間の半ばで起こったあの災害は、新居浜市民の心に大きな傷を残しました。その記憶を呼び起こすことになるのことが、申し訳ないとも思いながら、

それでも、あの災害の話は、しておかなければならないと思います。

少なくとも、私の政治活動の一つの柱を決定付けてくれました。

誰も、命を失うことの無い、「安心、安全のまちづくり」こそ、今正に、築き上げなければならない。

その思いを、常に強めながら、活動を続けなければ、、、。

「あのときには、ずいぶんお世話になりました。」久しぶりにお会いした人に、親しそうに声をかけてもらいました。

「とんでもない、大変だったですよねえ」そう答えながら、思いました。

感謝の気持ちを、お互いに表せるような、

それが自然にできる、

そんなまちでありますように。

|

« 使命のゆくえ | トップページ | 技術の革新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/5087791

この記事へのトラックバック一覧です: 災害の記憶:

« 使命のゆくえ | トップページ | 技術の革新 »