« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

鼓童IN内子座

午後は内子へ、「鼓童」のライブに行きました。その前に、内子の町並みを散策して、町並みうどんなどをいただいて、いざ内子座へ。岡田県議のおかげで席はありました。16時からの開演ですが、開演1時間前の開場でもうすでに会場内は熱気に包まれてました。今回は「鼓童」のライブを見て、来年の新居浜祭りのなにかヒントを得たいと思ってやってきたのです。しかし、ライブが始まると、一気に会場とステージが一体となり、もう感動の連続です。エネルギッシュな太鼓と一生懸命たたいているメンバーの気持ちがこちらにも、ひしひし伝わってくるすばらしいステージでした。是非、新居浜にも「鼓童」を呼びたいとの思いが、さらに強くなりました。そしてライブが終了してメンバー全員がステージに並び、「ありがとうございました」をみんなで大声で唱和しながら頭を深ぶかと下げる。しかも何度も下げる。その姿を見るにいたっては、「こちらこそありがとう」を私は心の中で連発しておりました。そして、会場中が感動の渦であったにちがいありません。今日はほんとにいい体験をさせていただきました。「ありがとうございました。」

Imgp5344 Imgp5347

| | コメント (1) | トラックバック (14)

障害者自立支援たんぽぽ2周年

障害者自立支援たんぽぽが2周年を迎えました。あっという間の2年でした。しかし最初は、やってゆけるのかなあ?と思ってましたが、ほんとに皆さんが頑張って、頑張って継続してきた2年であります。最初、池田さんたちとこの場所(新居浜市の滝宮公園の売店跡)に見に来たときには、屋根は傷んでるし、部屋の中は残材のようなものでグチャグチャだし、どうなるかと思いましたが、皆さんが協力して整理できました。さすがに屋根は私の担当となり修理しましたが、結構かかりましたよね!!何とか、オープンまでこぎつけたものの、今度は運転資金の問題!!何とか県からはNPOへの補助金をいただくことができたものの、県からの支払いは年度末ですから、それまでの資金は自分たちで調達する必要がありましたが、そんな時に強力なスケットが現れ、なんとか、進めることができたのですね。1周年も参加させていただきました。2周年も、、、。今日話をしてましたら、皆さんで次の目標をたてて、頑張ってるようです。私も、いかばかりでも是非支援をさせていただきたいと思ってます。「たんぽぽ」のみなさんが力強く、これからも活動を続けてゆかれることを、心より祈念しております。追伸Imgp5335 Imgp5338 、生涯学習のグループの皆さんが、2周年を祝ってオカリナの演奏に来られてました。山に響くオカリナの音色が、やさしさでいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

県外視察その3

10月26日この日が視察の最終日であります。和歌山県庁を訪問しました。すこし、古い庁舎が各棟、雑然と並んでいる感じがしました。立て替えたらいいのにな!!まあ、今の財政状況では無理かも?!この後、訪問した美術館の名誉館長が、「この美術館を建てなかったら庁舎も建てれたのに、、、。」ともらしていましたが、わたしはこの立派な博物館、美術館は建てておいてよかったと思います。今ではこんな立派な箱物は到底建設することにはならなっかたと思います。もとへ戻りますが、県庁では、和歌山県が進めている特区の説明を受けましたが、ちょうど、私が取得した特区と同じ規制緩和条項(株式会社、NPOなどの農地取得と、最低取得面積の下限の緩和)でしたので、さほど目新しい感じはしませんでした。ただ、土地開発公社の土地を賃貸できるようにした特区は「なかなかやるな!!」と思わすところがありました。その後、美術館へ、隣の博物館では、熊野の関連の展示がありました。認識を新たにしたのは、熊野の信仰は、あくまで、仏教であり、宗派のジャンヌにこだわりのないものであったということです。展示された仏像には、浄土系もあれば、真言もあり、禅宗もあり、しかも一遍上人の軸があり、松山ゆかりの人が、この、熊野を訪れていたことに感動をいたしました。いよいよ最後の視察地「泉佐野市」であります。「日本で最も行革が進んでいる市です。」と断言するだけのことはあって、なかなか、迫力のある、新田谷市長のなまの声を聞かしてもらえることができました。今回の訪問では市長に直に面談をお願いしたいと、私の友人を通じて市長にアプローチしていただけに、長い時間を取ってくれていた市長の、その心意気にも感動しました。2001年には「倒産危険度」全国ナンバー3位の泉佐野市をみごとに、改善の方向ずけをしてしまった、市長の話には、恐ろしいほどの重みを感じました。ちなみに、私がすむ新居浜市は、行革ランキング718都市中645位、住みよさランキングでは308位であります。まだまだこれから取り組むべきところは多いと思います。この訪問で今日の県外視察をすべて終了しました。関空に移動して、17:40発で一路、松山へ。ようやく3日間の県外視察の終了です。おかげさまでやんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

県外視察その2

10月25日は朝9:00よりまず、ロボットラボラトリを訪問しました。ロボットビジネスをサポートする施設で、前の日の産業館を運営している財団大阪都市型産業振興センターがやはり運営をしていました。ここではロボットビジネス推進の戦略と施策をうかがいました。新しいビジネスの起業に使えそうな戦略なので、ご紹介しておきましょう。4つの戦略(1)新事業に乗り出す企業を集める(2)感度のいい市場を育てる(3)技術*市場の知識を創る(4)新事業の環境を整える。これにそって5つの施策があるんだけど、それはロボット向けなので割愛をさせていただきます。この4つの戦略いいでしょ!!自分の仕事にもつかえそうです。その後、神戸三宮で昼食、神戸国際会議場を見学、ここはもうすでに建設されてから26年を過ぎている古めの国際コンベンション施設です。ホテルや展示場などとも一体化された施設の強みをフルにいかして学会などの会議の誘致をしています。指定管理者制度によって進められていますが、利益のでている、内容のよい施設といえるでしょう。なによりも職員の人の熱意と意欲が感じられるところでした。そしてこの日の最終視察地である神戸空港へむかいました。当初予測よりは若干下回っているものの、ここも、職員の方たちの熱気が伝わりました。一日28便というなかで、航空会社と空港の利益を最大限に求めてゆこうと努力していました。そこから、海路、関西空港へそしてリムジンバスに飛び乗って和歌山へむかいました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月26日 (木)

県外視察

10月24日、今年の県議会常任委員会での県外視察に出発です。10:20松山空港発一路大阪へ、最初の訪問は愛媛県大阪事務所であります。大阪事務所は肥後橋センタービル一階に店舗兼オフィスとしてありました。高内所長より事務所の活動や店舗への来店者数の説明をうけました。結構、愛媛の物産イベントの開催をしているのと、企業訪問をしておられることに感心しました。愛媛の先鋒部隊として頑張ってますね!!その後、大阪産業創造館へ訪問、大阪の中小企業やベンチャー企業のインキュベーターとしてのセンターの活動の説明や、起業をめざす人に対する支援などをうかがいました。施設としては愛媛県にもあるのでそう目をみはるところはなかったのですが、館の中にレストランや地域コミュニテイプラザがあり人が集まって気安い施設になっているのと、大阪信用保証協会や人材センターなども入居しており、企業経営に関する相談などもワンストップで対応できるようになておりました。愛媛県でも県民が相談に行くときに窓口が一つで対応してもらえるような、ワンストップサービスがあればいいですよね!!その後、地下にある大阪企業家ミュージアムへゆきました。大阪の経済を築いてきた企業家105人の人物紹介とその時代背景を展示していました。105人のなかで3人が愛媛県出身の人でした。それと、広瀬宰平翁の展示があったのが、私としては非常にうれしく感じました。さて明日は、大阪~神戸~和歌山とけっこう強行軍です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月25日 (水)

休日うどん屋紀行その2

10月22日うどん屋めぐりも3軒めを終了して、帰るつもりが坂出まで帰ってきて、「ヤッパもう一軒!!」の掛け声のもと宇多津の「おか泉」へ、やはり店の前には行列ができていました。並んでいるときに注文をして待つこと数分でなかへ、今度は私は「釜揚げうどん」家内は「肉うどん」を、さすがに家内はすこし残しておりました。もう今日はうどんを十分すぎるぐらい満喫させていただきました。なによりも驚いたのは、どの店も県外からのお客がけっこう来ているということです。一杯100円そこそこのうどんを何キロも車を走らせて、それを食べることだけのためにやってくるのですから、うどんのブランド力というか、魅力は恐るべきものがありますね。そういや今回のうどん屋めぐりのモデルルートを載せていたガイドブックは「おそるべきUDON」って本でした。まっこと恐るべきうどんですね。私の住む愛媛でもこのような全国から人をひきつけるような物を作り出すことができないかと、真剣に考えさせられた一日でした。*追伸4軒回ったあと帰るつもりが、途中の丸亀にある「一鶴」に立ち寄り「ひな鳥」をぺろっと食べて帰りました。ここも、行列と県外ナンバーの多さに驚きました。

Udon3 Udon4

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月24日 (火)

休日うどん屋紀行

10月22日午前中は、長寿運動会、身障者運動会に参加をしましたが、午後がうまく空いたので、家内と先般より行こうと言っていた、香川県の「うどん屋」めぐりを挙行することにしました。一軒目は「山内」、高速を豊中インターでおりて40分ほど走り線路沿いを細い道に曲がり、すこし小高い丘を登ると見えてきました。行くまではこんなところに有名なうどん屋があるのかしらん?と思いながら行ってみると、なんと行列ができているではありませんか!!しかも県外ナンバーの多いこと、多いこと。私は「ひやあつ」のかけを、家内は「あつあつ」のかけをたのみ、いただきました。ガイドブックでは「ひやあつ」がいい、と書いてありましたが、わたし的には「あつあつ」がお薦めでした。二軒目は、丸亀に下ってきて、やや剛めんの「山下」へ行きました。ここもやっぱり県外ナンバーでぎっしり、当然、行列ができておりました。ここではわたしは「湯だめ」、家内は「ぶっ掛け」、なかなかの腰のある麺で美味しかったです。わたしのお薦めは「ぶっ掛け」卵のせ、ってところですか(実際にはそのトッピングをしらなかったので食べてませんが、美味しそうでした。)三軒目は、善通寺インターからいっきに高松へ移動して郷東町にある「池上」へ行きました。店が閉まってる時間だったのに「3玉だけあるよ」っと、気軽につくってもらいました。ここは一杯70円、卵を入れても30円、二人でなんと170円なのです!!駐車場は川の河川敷、入り口は到底知ってる人しか入れないようなところでして、とにかくびっくりです。値段は安いが、味は、いいですよ~~~~ん。3軒回って今回のうどん屋めぐり終了と思いきや、まだまだ続くのです。それは次回に。

Udon1 Udon2_1

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月23日 (月)

第42回 心身障害者団体連合体育大会

 今年の運動会は天候もよく、笑顔のあふれる大会でした。借り物競争、二人三脚、と出場させていただき、その後似顔絵かき競争にモデルとして参加させていただきました。

Sinsyou2

Sinsyou

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第29回 船木長寿運動会

200610220922000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ネイルコム設立

10月19日、なんとか「株ネイルコム」の設立が完了しました。前回「いよいよPLC」で書いた内容の会社です。もうすでにPLCに関しては多くのメーカーが先行しています。しかし私たちの「ネイルコム」には他社にない技術があります。いわゆる電力線を利用しての高速通信の技術だけではなく、外部からのノイズの侵入を遮断する、また屋内のノイズも外に出さない「ブロッキングフィルター」やほかの電力機器が作動しても通信速度が低下しない「インピーダンス・ターミネイター」、またビルなどの階層の多さによって通信速度などが低下しないようにする「カプラー」など、独自の技術を有するために、将来的にも十分飛躍する可能性を秘めた会社だと思います。今後は器具の型式認定の取得など、急いで取り組まなければならないことが山積みであります。それと平行して内部の充実もはからなければなりません。さらには各企業向けの商品の提供も急務です。今年もあわただしい年末になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

新居浜太鼓祭り、その5

今日、桟敷席建設の関係者によって、打ち上げがありました。当然、そのときの話題は今回の祭りの話ばかりですが、会話には台鼓台「けんか」のことは、すこしで、もっぱら17日のリーガ前のかき比べの話題がほとんどでした。また、来年の市政70周年イベントについての意見なども多くありました。来年の統一よせをどこでやるのか?また、その企画はどのようにして決定してい行くのか、など、早々と来年の祭りのことで盛り上がりました。早々にというけど、もう一年しかないので、早急に委員会のようなものを立ち上げ、具体的に諸行事について検討してゆかなければならないと思います。しかも市政70周年ですから、いかに市民のみなさんに参加してもらうかが大きな課題となろうと思います。また、この太鼓祭りを新居浜の活性化の起爆剤にするためにはどのような仕掛けが必要になるのかなど、一年の間に決定しなければならない事項もたくさんあります。

Cimg0372

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月19日 (木)

新居浜太鼓祭り、その4

10月18日祭りの最終日なりました。今日は船御幸が午前中、午後からは一宮神社でのかきくらべです。船御幸は2年に一度の祭りのビッグイベント全部の太鼓台が台船に乗せられて大江の浜から中須賀の浜へと移動してゆくさまは、なかなか見ごたえのある場面です。5台ずつわかれて台船にのせられた太鼓台の船上でのかきあげがいいですよね!!午後の一宮神社へは15:00ごろ行きましたが、私の地元の久保田太鼓台がもうすでに解体をしたという話を聞いて、しばらくは神社にいましたが、そそくさと自宅へ帰ってきてしまいました。なんとなく結びが「あれれ」とおもうまに終わってしまった感がします。さてさて来年はどんな祭りになるのでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新居浜太鼓まつり、その3

10月17日いよいよ太鼓祭りも中日をむかえ、川西地区でのこの日のメインは、いままでは工場前のかきくらべでしたが、今日はリーガ前の桟敷席でのかきくらべです。予定時間の14:30になっても、まだ若干空席が見える桟敷席でしたが、徐々に詰まってきて15:00ごろにはほぼ満席の状態でした。そこへ、先頭の東町太鼓台の入場、続いて新須賀太鼓台、庄内、久保田、口屋、新田、江口、西町、中須賀、西原、と10台の太鼓台が勢ぞろいしました。どの太鼓台もかきっぷりがすばらしく、その後の2台ずつのかきくらべでも、何台もが「放り投げ」(太鼓のかき方では、もっとも躍動感があるかきかたで、上へむけて放り投げるようにかく型)を披露するなど、いつもになく熱のこもったかきっぷりだったと思いました。観客も満足してくれたと思います。あまりあがらなかった口屋太鼓台の懸命な姿に「がんばれ口屋」「がんばれー!」という声援が聞こえて、一生懸命の姿が、感動的でした。今回の桟敷の試みは十分に手ごたえの感じるものであったと実感ができ、来年の市政70周年にむけて新たな祭りづくりができるように思います。なんとしても新居浜の太鼓祭りを日本一のまつりにしたいものです。

Maturi17

Maturi17_1

Maturi17_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

新居浜まつり、その2

10月16日、いよいよ新居浜秋まつりのスタートです。この日は毎年会社(白石建設工業)のほうに10数台の太鼓台が訪問してくれます。私は、自民党の政調部会があるため(しかも午後からは座長を務めなければならないため)午前中で新居浜を離れ松山に向かいました。終了後、速攻で帰ってきまして、まずはM2(大生院地区)のかき比べの会場へ参りました。今日は県で、日本旅行業協会の方たちを招いて新居浜、西条の祭り会場を視察してもらっていました。私がそこへ向かったのも、今回の招待した旅行業協会のひとたちの最後の視察地がM2の会場でしたし、そこは私が是非ともと推薦をさせていただいたところだったからです。株式会社NKLの社長にご無理をお願いして、最高の場所で観覧をしていただけました。今回、旅行業協会の方たちを招いたのも、今後、この新居浜祭りを全国的に客をよべる祭りにするために、なんとかツアーを組んでもらうためであります。今日の午後にはリーガ前の桟敷も見学してもらってるはずです。今回、桟敷席を作ったのも、今後、新居浜のまつりを日本一の祭りにするための実験的な取り組みと思っています。(その1)に書いた、今回の特別な思いはここにあります。この桟敷席でのかき比べを成功裏に収めることが、新居浜まつりを日本一にする、まずは第一歩と位置ずけているのです。明日が楽しみです。(17日14:00よりリーガ前でのかき比べがあります)

話は、戻りますがM2でお客さんに挨拶だけしておいて、再び速攻で、今度は新居浜イオンへ向かいました。イオンでの夜太鼓のかき比べに参加するためです。8台の太鼓台によるかき比べが催されました。イオンでの太鼓よせも定着してきたなというのが実感です。また、イオンさんの協力に頭がさがりました。冒頭、挨拶をさせていただきましたが、太鼓台を前にしての挨拶はどうも気合が入りすぎていかんですね!かなりきばった挨拶になってしまいました。さていよいよ、明日(17日)は祭りの中日、楽しみですね。

Maturi1_1

Maturi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新居浜太鼓まつり、その1

明日から新居浜まつりが始まる前の日(15日)、新居浜に50台目となる「口屋太鼓台」のお披露目式が口屋跡公民館前でありました。別子銅山の世界に発信する拠点となった口屋を名にいただき、太鼓の化粧も別子銅山にちなんだ図柄を得たすばらしい太鼓台が完成しました。現在では住民の戸数も少ない西町自治会では、大変な努力であったのではないかと思います。当然、よき協力者の方もいてのことでしょうが、、、。今後、その雄姿が多くのひとを魅了することと思います。午後からは、萩生東の太鼓台の建設10周年の神事と式典に参加しました。平成になってからでも、新居浜に19台の太鼓台が新調されたそうです、何千万もする、この太鼓台の新調ですから、なみなみならぬ住民の努力があったことでしょうし、新居浜の民力のすごさにいまさらのように感激します。16日からの祭りが楽しみですね。今年の祭りには私はこれまでと違った思いがあります。それは、また後日話すこととさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

「いろどり」発刊記念パーテイー

「株式会社いろどり」みなさんご存知ですか?いわゆる、葉っぱを阪神地域へ出荷している会社です。先日(10月10日)徳島で「いろどり、おばあちゃんたちの葉っぱビジネス」という本の出版記念パーテイーが開かれました。この本は立木写真館の自費出版でして、写真館の創立123周年を記念してのものでした。友人の立木さとみさんから招待され、私も出席してまいりました。株式会社いろどりのことは知ってはいましたが、当日、出席してましたおばあちゃんたちの元気なのにはおそれいりました。いろどりは今から19年前に徳島県上勝町で、たった4軒の農家から始まりました。その年の売り上げが116万だったそうです。現在では2億5千万の売り上げで、なおかつ数年前からセブンイレブンのシステムを参考にして「いろどりネットワーク」というパソコンのLANシステムを導入して、生産者のおばあちゃんたちは毎日パソコンを通じて市場予測や会社からの出荷調整指示をみて、毎日、市況の状況を確認しながら出荷しているのです。いままで集めて捨てていた葉っぱが売れるのですからおばあちゃんも「世界中探したってこんな楽しい仕事ないでよ」というぐらい楽しく仕事をしていますし。みんながすっごく元気なんです。まさに高齢化問題、医療費問題、介護問題、年金問題、どこ吹く風じゃいって感じです。内容については今回出版された本に克明に書かれていますし、さすが立木写真館、四季折々の写真や、おばあちゃんたちの笑顔を満載した本です。是非、興味のある方、また、これからコミュニテイビジネスしようと思ってる方、必見ですよ。ご購入したい方、申し込みはhttp://www.tatsuki-photo.co.jpで申し込みフォームを利用するか、tel088-622-6425に電話してみてください。一冊2000円です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月 6日 (金)

9月議会が終わりました

議会を終えてその1

今日、9月議会が終わりました。今議会はプルサーマルに始まり、プルサーマルに終わったような議会となりましたが、県民の多くの方々にプルサーマルのことを知っていただくには良かったと思います。このとりくみの是々非々の意見が交わされましたが、基本的には双方とも、県民の安全安心を最重点においた意見に変わりが無いわけです。私個人的にはプルサーマルの推進は賛成でありますが、議場ではなくほかの場で反対派の議員とも徹底的に意見を交わせるような場が欲しかったと思います。今後、国の新たな原発の安全指針を検証してゆく中で、まだまだ議論が積み重ねられてゆくことと思います。私が、一般質問で提案させていただいた「愛媛防災条例」に関しては、前向きな答弁であったものの具体的な今後の取組みについての解答までは得られておらず、担当課(危機管理室)では来年度に県民を巻き込んだ条例作りをしたいという意見も有りますが、できれば、議員立法の形をとっても今年度中に条例施行にもってゆきたいと思っています。全国的にも静岡県を筆頭に昨年条例施行がなされた香川県まで数県がすでに取り組んでおり、県、市町、県民、企業,団体、それぞれの責任を明確にした防災条例を早急に整備し県内の防災格差が生まれないようにすることが急務であると考えるからであります。議会も終わったので次の12月を見据えて段取に入りたいと思っています。

Situmon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気愛媛の会

10月4日げんき愛媛の会に出席しました。会長の谷本県議の信義に厚い人柄が、そのまま出たような挨拶は、胸を打つものがありました。また、来賓では篠原県会議長の挨拶が印象的でした。いつもながら議長独特の視点からみた話が魅力的で篠原さんらしさの表れた挨拶でした。次の中村市長の話がすこし霞んだかしらん。いよいよ加戸知事の挨拶、これまでの県政の足跡をふまえながら再選出馬にいたった話、さらには今の取り組みと、「愛と心のネットワーク」の話がありました。若干、今後の県政に関しての取り組みの話が聞けると思ってきている私には、その部分で、もう少し話してもらいたかったけれども、本会議場での出馬の挨拶よりは数段心のこもった、3期めへの意志の賢固さがうかがえる挨拶を聞けてよかったと思います。また、1月の選挙までがんばらなくてはね!!自分の選挙の体制作りも進めなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

きょうされん全国大会

9月30日きょうされん全国大会IN愛媛に参加をしてまいりました。オープニングの多くの人々による合唱は、心の和むものがあり大会のオープニングにはもってこいのスタートでした。来賓の挨拶などがあり、その後基調報告がありました。10月1日から施行される自立支援法に関する訴えがありました。私も今回の県議会の一般質問で障害者自立支援法についての質問をしたところ(9月26日)でしたので、発表者の方の鬼気迫る訴えもよく理解できますし、今後早急に対応を進めなければならないと意を強くしたところでありました。この法律に関してすでに政府自民党による改正案もできておりますので、今度、別の機会に報告させていただきたいと思います。大会は多くのボランテアの方たちの協力によて運営されていることがいまさらのようにわかりました。皆さんご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »